札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 新札幌市史 第1巻 通史1 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第2巻 通史2 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第3巻 通史3 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第4巻 通史4 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第5巻 通史5上 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第5巻 通史5下 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第6巻 史料編1 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第7巻 史料編2 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第8巻1 統計編 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第8巻2 年表・索引編 (0 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第1巻 通史1 (4 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第2巻 通史2 (41 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第3巻 通史3 (21 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第4巻 通史4 (25 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第5巻 通史5上 (31 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第5巻 通史5下 (28 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第6巻 史料編1 (0 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第7巻 史料編2 (1 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第8巻1 統計編 (1 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第8巻2 年表・索引編 (2 件)

[その他ページ] (3 件)

[索引語] 新札幌市史 第1巻 通史1 (0 件)

[索引語] 新札幌市史 第2巻 通史2 (5 件)

[索引語] 新札幌市史 第3巻 通史3 (4 件)

[索引語] 新札幌市史 第4巻 通史4 (6 件)

[索引語] 新札幌市史 第5巻 通史5上 (2 件)

[索引語] 新札幌市史 第5巻 通史5下 (11 件)

[索引語] 新札幌市史 第8巻1 統計編 (0 件)

[年表] 新札幌市史 第8巻2 年表・索引編 (89 件)

ソート機能:
第十編 現代の札幌 第三章 総合的な街づくり 第三節 市内交通の整備と通信 四 郵便局の増設と通信事業の展開
郵便局の増設
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第5巻 通史5下
に改称)49札幌白樺(豊平区東月寒)。手稲金山(西区手稲金山へ移転、手稲鉱山を改称)50
札幌北(北区新琴似4-2、普通)。白石米里(白石区米里、簡易)。札幌西岡(豊平区西岡)。
札幌北三十五条(東区北35東7...
第六編 道都への出発 第四章 屯田兵村の再編 第一節 新琴似・篠路兵村の建設 三 区画と施設
道路・排水溝・風防林
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
くりの基礎となる道路と排水溝の工事に多くの労力をそそぎ、特に排水溝築造には莫大な
力が投ぜられた。まず新琴似の道路についてみることにしよう。先にふれた通り開村に先
だち北海道庁は通称茨戸街道、現琴似停車場・新琴...
第六編 道都への出発 第四章 屯田兵村の再編 第一節 新琴似・篠路兵村の建設 二 兵員と家族
募兵
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
、十八年は江別、篠津、野幌へ入地、十九年から根室市の東西和田兵村開設に取りかかり
、翌二十年、いよいよ新琴似兵村と室蘭市輪西兵村開設にいたるのである。屯田兵本部は
陸軍省に両兵村への招募を各県へ達すべく、次の申...
第十編 現代の札幌 第九章 芸術・文化の拡がり 第三節 文化財と郷土資料館・郷土史 一 文化財
新琴似屯田兵中隊本部・旧黒岩家住宅
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第5巻 通史5下
区北7条西7丁目札幌市昭36. 6. 7札幌最初の公園「偕楽園」に明治13年貴賓接待所として
建築。〃新琴似屯田兵中隊本部北区新琴似8条3丁目札幌市昭49. 4.20明治19年に新琴似
田兵村の本部として建築...
第十編 現代の札幌 第九章 芸術・文化の拡がり 第三節 文化財と郷土資料館・郷土史 二 郷土資料館と郷土史
郷土史の編纂
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第5巻 通史5下
主要な郷土史を掲載したものであるが、刊行年は昭和五十年代より平成の初年度にかけ集
中している。中には『新琴似百年史』『新川百年』『丘珠百二十年史』などのように、一
〇〇〇頁を超える大冊もある。新琴似では『新琴似...
年表編
出典一覧(明治以降) 1868年〜1944年
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第8巻2 年表・索引編
報文(ホラシ・ケプロン編・開拓使外事課訳) 633屯田兵制史(松下芳男) 634
琴似兵村史(新琴似兵村五十年記念会) 635北海紀行(林顕三) 636北海道小史(
高...
第六編 道都への出発 第四章 屯田兵村の再編 第一節 新琴似・篠路兵村の建設 三 区画と施設
管理共用施設
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
新琴似の中隊本部は兵屋とともに入地の前年、すなわち明治十九年に建築されたと考えら
れ、その位置は遺構の現存す...
年表編
出典一覧(明治以降) 1945年〜2000年
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第8巻2 年表・索引編
こう(新光小学校開校10周年記念実行委員会)3395新考北海道史(奥山亮)3396開校50周年記
念誌新琴似(新琴似中学校)3397開校30年学校要覧(新琴似中学校)3398新琴似農協二十年史
3399新琴似百...
第六編 道都への出発 第四章 屯田兵村の再編 第一節 新琴似・篠路兵村の建設 二 兵員と家族
兵員
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
出身地をあえて旧藩にさかのぼらせることをせず、志願県別に集計したのが表2である。
集計に使った資料は、新琴似兵村が『新琴似兵村史』(昭和十一年刊)『新琴似百年史』(
昭和六十一年刊)、篠路兵村が『篠路兵村の礎』...
第六編 道都への出発 第四章 屯田兵村の再編 第一節 新琴似・篠路兵村の建設 二 兵員と家族
後期二兵村
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
で、残る北の固めとすることになった。二十、二十一両年の入地をもって始まる新第一大
隊第三中隊は、現北区新琴似(条丁目)、新琴似町、麻生町、新川一帯を用地とし、新琴似
兵村と呼ばれ、当時は札幌郡琴似村の一部である...
第六編 道都への出発 第四章 屯田兵村の再編 第一節 新琴似・篠路兵村の建設 二 兵員と家族
兵役
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
期間は「予メ之ヲ定メス」とされた。しかし二十三年と二十七年の条例改正により、次の
通り変更になった。〈新琴似兵村二十年入地者〉兵村内では「古兵」とか「二十年組」と
呼ばれる。二十三年改正第四条により「服役期限ハ...
第七編 近代都市札幌の形成 第二章 諸町村の近代化と行財政 第一節 ムラの変貌と近代化Ⅰ 三 琴似村
新琴似
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第3巻 通史3
新琴似は明治二十、二十一年に佐賀、福岡、熊本、大分、徳島、岡山県などの西日本から
屯田兵に応募した二二〇戸に...
第六編 道都への出発 第三章 周辺農村の発展と農業の振興 第三節 農業生産の定着 二 農業生産の状況
新琴似・篠路兵村の大根
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
特有」のものと評価し、さらに札幌市街へ販売し、篠路大根として「大いに声価を博せり
」という。それに対し新琴似村については、大根は三十年以降多くなり、五町歩を作付す
るものもいて、さらに作付面積は増加しているとい...
第六編 道都への出発 第四章 屯田兵村の再編 第一節 新琴似・篠路兵村の建設 二 兵員と家族
家族
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
に数人の家族がともなった。その増減の様子は表3の通りである。両兵村の入地が完了す
る二十二年でみると、新琴似は一戸平均四・九人、篠路は四・八人であるから、兵員を除
くと三~四人の家族がいたことになる。その中で二...
第六編 道都への出発 第四章 屯田兵村の再編 第一節 新琴似・篠路兵村の建設 三 区画と施設
住区画
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
新琴似兵村は琴似村の北部、現在の新川と道道琴似停車場・新琴似線(通称茨戸街道)に挟
まれた土地に扇状に広がる...
第六編 道都への出発 第四章 屯田兵村の再編 第三節 兵村生活の諸相 一 兵員から村民へ
北の農村建設
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
後期兵村における授産事業は、前期にくらべると順調な進展をみせた。たとえば新琴似
明治二十一年七月十一日から一〇日間の様子をみると「新墾三町七反七畝十二歩、再墾二
町八反二畝二十歩、...
第七編 近代都市札幌の形成 第二章 諸町村の近代化と行財政 第一節 ムラの変貌と近代化Ⅰ 三 琴似村
分村問題
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第3巻 通史3
琴似村では明治四十五(大正元)年に分村問題が発生している。これは大字新琴似村、篠路
兵村を琴似村から分離・独立させて江南村をつくる運動であった。その理由は以下のとお
りであった(...
第八編 転換期の札幌 第二章 市制施行と行財政 第五節 「札幌圏」の形成と諸町村 二 諸町村の概況
字名の設置
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第4巻 通史4
置した(同前第四八〇号)。琴似町では十八年五月一日に琴似村、発寒村、篠路村の三大字
が廃止され、屯田、新琴似、新川、八軒、発寒、琴似、二十四軒、山ノ手、宮ノ森、盤渓
の一〇字が改称・設置されている。(同前第五六...
第十編 現代の札幌 第八章 現代の教育 第二節 小・中学校の教育 一 小・中学校の配置
北区の誕生
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第5巻 通史5下
がより便利になった北区は、その後も人口が増加していく。それにあわせて生徒数も増加
し、同年十二月には、新琴似中学校から分離して新琴似北中学校が開校した。市内で五〇
番目の中学校であり、これで北区内の中学校数は五...
第六編 道都への出発 第一章 北海道庁と札幌 第四節 交通・通信の整備と治水 一 交通の整備
市外との連絡路の整備
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
や改修している道路は表4のようになっている。表-4道路新開削及び修繕19年度琴似新道(
道道琴似停車場新琴似線)及び新屯田道路(俗称新琴似4番通,正式名称は西部から道道樽
川篠路線,市道手稲新琴似線,市道新琴似...