札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 新札幌市史 第1巻 通史1 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第2巻 通史2 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第3巻 通史3 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第4巻 通史4 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第5巻 通史5上 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第5巻 通史5下 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第6巻 史料編1 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第7巻 史料編2 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第8巻1 統計編 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第8巻2 年表・索引編 (0 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第1巻 通史1 (52 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第2巻 通史2 (123 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第3巻 通史3 (44 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第4巻 通史4 (76 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第5巻 通史5上 (99 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第5巻 通史5下 (87 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第6巻 史料編1 (2 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第7巻 史料編2 (11 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第8巻1 統計編 (16 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第8巻2 年表・索引編 (5 件)

[その他ページ] (3 件)

[索引語] 新札幌市史 第1巻 通史1 (10 件)

[索引語] 新札幌市史 第2巻 通史2 (18 件)

[索引語] 新札幌市史 第3巻 通史3 (10 件)

[索引語] 新札幌市史 第4巻 通史4 (23 件)

[索引語] 新札幌市史 第5巻 通史5上 (23 件)

[索引語] 新札幌市史 第5巻 通史5下 (17 件)

[索引語] 新札幌市史 第8巻1 統計編 (0 件)

[年表] 新札幌市史 第8巻2 年表・索引編 (329 件)

ソート機能:
第四編 イシカリの改革とサッポロ 第九章 村の形成と幕末のサッポロ 第一節 ハッサム村 四 コトニその他
中田儀右衛門・福玉仙吉ほか
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第1巻 通史1
一般に上手稲村の祖とされている中田儀右衛門は、岩手郡薮川村の出身で、万延元年に道
南の大野村に移住、慶応三年にハッ...
[[図版・写真・表組一覧 刊行の趣旨 奥付]]
図版・写真・表組一覧
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第1巻 通史1
帯北部における完新統自然貝層」『北海道開拓記念館研究年報』11号(1983)を改変(101頁
)図-2手稲前田ポンプ中継所の地質柱状図中田幹雄ほか「石狩低地帯における最近の14C年
代資料」『北海道開拓記念館...
第二編 先史の札幌 第一章 北海道の先史文化 第三節 縄文時代の文化 五 後期の文化
後期の土器
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第1巻 通史1
短刻文、それに突瘤文なども加わってくる。土器型式からみると礼文島船泊第四遺跡出土
の船泊上層式、札幌市手稲遺跡出土の手稲式土器などがあり、つづいて小樽市𩸽澗遺跡(
ほっけまいせき)出土の𩸽澗式土器、えりも町エ...
第二編 先史の札幌 第三章 縄文時代 第三節 後期 一 遺跡の分布 西区の遺跡
◇N二九五遺跡 (西区手稲前田三三五番地)
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第1巻 通史1
手稲遺跡から新川を渡った手稲寄りの標高約六メートルの紅葉山砂丘上に存在する。縄文
時代中期、後期、続縄文時...
第二編 先史の札幌 第三章 縄文時代 第三節 後期 一 遺跡の分布 西区の遺跡
手稲砂山遺跡 (N一五六遺跡 西区手稲前田五二三番地)
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第1巻 通史1
手稲遺跡の北東約五〇〇メートルの地点の標高約二〇メートルに存在する。遺跡の層は、
腐植質の黒色砂層約二五セ...
第二編 先史の札幌 第三章 縄文時代 第三節 後期 三 土器・石器
市内の土器
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第1巻 通史1
)。図-16縄文後期の土器(1~3:N295遺跡,4:T361遺跡,5・6:T310遺跡,7~13:手稲遺跡)
N二九三遺跡(西区前田九条一〇丁目)から少量出土した曲線の沈線文の発達した土器は、
涌元式土器と...
第一編 札幌の自然史 第二章 山地の生いたち 第二節 グリーンタフ変動とその産物
手稲
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第1巻 通史1
手稲山を構成する岩石は安山岩溶岩と同質の火砕岩である。溶岩は山頂から東方に流れ、
流走面に沿って、緩やかな...
第一編 札幌の自然史 第五章 石狩海岸平野の形成 第二節 前田砂層と紅葉山砂礫相
前田砂層
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第1巻 通史1
。そんなことを具体的に示している堆積物が前田砂層と紅葉山砂礫相である。まず前者を
みることにする。西区手稲前田にあるポンプ中継所は、紅葉山砂丘の西南端から南へ五〇
〇メートルくらいのところにある。この中継所の...
第二編 先史の札幌 第三章 縄文時代 第三節 後期 一 遺跡の分布 五つの遺跡群
[[五つの遺跡群]]
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第1巻 通史1
次に、発掘調査が実施された遺跡を中心に、各地域の遺跡について触れておきたい。西区
手稲前田の紅葉山砂丘上の遺跡は、中期の半数以下に減少し、前葉と中葉の土器が発見さ
れている。S二九五遺跡は...
第二編 先史の札幌 第三章 縄文時代 第三節 後期 一 遺跡の分布 西区の遺跡
手稲遺跡 (N一遺跡 西区手稲前田五二四―一九)
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第1巻 通史1
と思われる場所であったが、調査が断続的に行われたため、住居の構造等は一切不明であ
る。出土遺物は、後年手稲式土器と呼ばれる北海道の代表的な後期中葉の土器が主であり
、札幌はおろか全道的に著名である。完形土器多...
第二編 先史の札幌 第三章 縄文時代 第三節 後期 三 土器・石器
その他の遺物
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第1巻 通史1
弄物」「神像」「装飾品」「護符」「女神信仰」「呪物」「祭式」など各説があるが、結
論が得られていない。手稲遺跡、白石神社遺跡、T三六一遺跡では、小型の版状土製品に
渦巻状や矢羽状の短刻線で文様をつけた「オロシ...
第二編 先史の札幌 第三章 縄文時代 第三節 後期 四 小括
重要遺跡の消滅
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第1巻 通史1
後期の遺跡は、西区手稲の紅葉山砂丘、同じく発寒川扇状地、月寒台地を中心にして、全
道的に比べても決して遜色のない大遺跡が営ま...
第四編 イシカリの改革とサッポロ 第九章 村の形成と幕末のサッポロ 【主要参考文献・史料】
[[【主要参考文献・史料】]]
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第1巻 通史1
附録』、『札幌県報』四三号、『札幌県治類典』庶務課―明治十七年三月(道文)、『地理
諸留』(道文)、『手稲町誌』、『手稲村史原稿』(手稲記念館)、『札幌郡調』(北大図)、
『札幌区史』、『荒井金助事蹟材料』(...
[[口絵 第三回配本にあたって 編集にあたって 凡例 新札幌市史 総目次]]
新札幌市史 第一巻 通史一/総目次
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第1巻 通史1
リーンタフ変動以前の古陸域第二節グリーンタフ変動とその産物…16地層区分定山渓層群
豊羽層群豊羽鉱山と手稲鉱山定山渓温泉と石英斑岩砥山層群硬石山と八剣山西野層鮮新世
―更新世の火山活動手稲山朝里岳と余市岳天狗...
第一編 札幌の自然史 第一章 地形の特性 第一節 北西―南西部の山地
遠景の山々
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第1巻 通史1
の稜線に沿う山々が遠景の山々である。図-2札幌の山々それらは、北西から順に、テレビ
アンテナが林立する手稲山(一〇二四メートル)、小樽市との境界となる奥手稲山(九四九
メートル)や春香山(九〇七メートル)、朝...
第一編 札幌の自然史 第一章 地形の特性 第三節 扇状地と河岸段丘
山麓緩斜面・崖錐
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第1巻 通史1
西部山地の山麓部には扇状地状の緩斜面や山崩れ・地滑りなどによる傾斜面(崖錐)が諸所
にみられる。西区手稲本町~前田や富岡あたりの手稲山山麓緩斜面は扇状地と考えた方が
よさそうな形態を示している。いっぽう、藻...
第一編 札幌の自然史 第二章 山地の生いたち 第二節 グリーンタフ変動とその産物
豊羽鉱山と手稲鉱山
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第1巻 通史1
層の火山活動期と考えられる。このほか、この時期に生成された鉱床には、かつて、金・
銀・銅などを産出した手稲鉱山やその他小鉱山がある(図3)。図-3札幌市の鉱山分布*10
鉱床(こうしょう)地殻を構成する岩石の...
第一編 札幌の自然史 第五章 石狩海岸平野の形成 第四節 完新世の地史と古気候
泥炭地形成期(四〇〇〇年前~現在)
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第1巻 通史1
の南に続く大谷地―厚別泥炭地もやや時間のずれはあるが三八〇〇年前ころから形成され
はじめている。そして手稲前田を中心とした西部の泥炭地は、約三二〇〇年前ころから形
成され、紅葉山砂丘の外側へまで広がっていった...
第二編 先史の札幌 第三章 縄文時代 第二節 中期 一 遺跡の分布 遺跡の立地と地形
[[遺跡の立地と地形]]
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第1巻 通史1
川などで解析された火山灰性丘陵地帯に集中している。細かくみると、紅葉山砂丘上の札
幌市域ではその西端の手稲前田の標高四~六メートル付近に、石狩町内では樽川(たるか
わ)六線より北東部の石狩川の旧河道(茨戸湖)...
第二編 先史の札幌 第三章 縄文時代 第三節 後期 三 土器・石器
後期の石器
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第1巻 通史1
市内の遺跡では、手稲遺跡を除いて、後期の良好な遺物が発見されていないために、石器
群に関しては不明なところが多いが、ほとん...