札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 新札幌市史 第1巻 通史1 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第2巻 通史2 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第3巻 通史3 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第4巻 通史4 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第5巻 通史5上 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第5巻 通史5下 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第6巻 史料編1 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第7巻 史料編2 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第8巻1 統計編 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第8巻2 年表・索引編 (0 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第1巻 通史1 (0 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第2巻 通史2 (32 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第3巻 通史3 (6 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第4巻 通史4 (1 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第5巻 通史5上 (0 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第5巻 通史5下 (0 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第6巻 史料編1 (0 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第7巻 史料編2 (4 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第8巻1 統計編 (0 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第8巻2 年表・索引編 (0 件)

[その他ページ] (0 件)

[索引語] 新札幌市史 第1巻 通史1 (0 件)

[索引語] 新札幌市史 第2巻 通史2 (1 件)

[索引語] 新札幌市史 第3巻 通史3 (1 件)

[索引語] 新札幌市史 第4巻 通史4 (0 件)

[索引語] 新札幌市史 第5巻 通史5上 (0 件)

[索引語] 新札幌市史 第5巻 通史5下 (0 件)

[索引語] 新札幌市史 第8巻1 統計編 (0 件)

[年表] 新札幌市史 第8巻2 年表・索引編 (5 件)

ソート機能:
第五編 札幌本府の形成 第五章 屯田兵制の採用 第二節 琴似・山鼻兵村の建設 一 兵村の施設
住区画
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
にはさまれた土地(現中央区南三~三〇条、西七~二二丁目辺)に、明治八、九年にかけて
建設された。これを山鼻兵村と通称する。やはり南北と東西に通じる十字路をほぼ中央に
敷設、その両側に平行する道路を通し、一区を横二...
第五編 札幌本府の形成 第五章 屯田兵制の採用 第二節 琴似・山鼻兵村の建設 一 兵村の施設
兵屋
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
到着の日から居住できるよう準備されたので、官による手厚い保護例として取り上げられ
ることもある。琴似、山鼻兵村における建築戸数等は表1のとおりで、両兵村に各二四〇
戸、合計四八〇戸つくられ、その費用は九万五七四九...
第五編 札幌本府の形成 第五章 屯田兵制の採用 第二節 琴似・山鼻兵村の建設 二 兵村の人びと
募兵
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
加え、琴似兵村が発足したのである。ひきつづき第二次募兵を行った。琴似兵村の不充足
兵四〇人と新設予定の山鼻兵村へ移す二四〇人、計二八〇人を募ることになる。第一次募
兵では三県予定数の八割強しか充足できなかったので...
第五編 札幌本府の形成 第五章 屯田兵制の採用 第二節 琴似・山鼻兵村の建設 一 兵村の施設
道路・用水路・風防林
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
幅一七間、面積三万二一一三坪、発寒村で長さ一五四五間、幅一七間、面積二万六二六五
坪の各一カ所である。山鼻兵村と札幌市街を結ぶ幹線道の役割を果たすものとして五年開
削の石切山道が区画内にあった。これは鹿道を利用し...
第六編 道都への出発 第四章 屯田兵村の再編 第二節 兵村の土地 一 給与地
前期兵村の給与地
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
は困難である。なお、九年発寒村入地者は宅地二〇〇坪と農耕目的地三〇〇〇坪が当初か
ら給与されたという。山鼻兵村では入地当初宅地二〇〇坪(明治九年五月七日または五月
三十日付)とそれに接続する農耕目的地一五〇〇坪が...
第六編 道都への出発 第四章 屯田兵村の再編 第三節 兵村生活の諸相 二 屯田兵制の評価
殖民的評価
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
、札幌の四兵村は次の通りで、給与地の五~六割を耕地にしていた。琴似兵村五七パーセ
ント(開村後二五年)山鼻兵村五二パーセント(同二四年)新琴似兵村五一パーセント(同一
三年)篠路兵村五七パーセント(同一一年)(上...
第五編 札幌本府の形成 第五章 屯田兵制の採用 第二節 琴似・山鼻兵村の建設 一 兵村の施設
病院と学校
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
。そこで琴似兵村に八年十一月札幌病院の出張所を開設し医師を派遣(琴似病院とか医院
と呼ぶこともある)、山鼻兵村にも翌九年五月仮出張所が置かれた。後者は札幌市街に近
く医師の往診がしやすいとして、同年八月制度上は仮...
第五編 札幌本府の形成 第五章 屯田兵制の採用 第二節 琴似・山鼻兵村の建設 二 兵村の人びと
兵員と家族
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
二四〇戸=九六〇人)がおさまればよかったので、例外も生じ得たわけである。表-4両兵
村の戸口数琴似兵村山鼻兵村合計戸口男女戸口男女戸口男女明治8年198戸965人518人447
人-戸-人-人-人198戸965人...
第五編 札幌本府の形成 第五章 屯田兵制の採用 第三節 兵役と授産 一 兵役の義務
衛兵と警衛勤務
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
火災を機に本格的な警衛業務が始まった。札幌市中で火災水害など非常事態が発生した時
は、開拓使から急報を山鼻兵村の週番所に達し、屯田兵は直ちに開拓使西門内の両側に集
結分屯して長官の指揮を受けることに決められ、さら...
第六編 道都への出発 第三章 周辺農村の発展と農業の振興 第二節 周辺農村の行政機構 一 戸長役場と戸長
戸長の任免と村民との対立
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
一郎は①山鼻・円山村、④豊平ほか四カ村、③上手稲・下手稲・山口村の戸長を歴任して
いる。彼は宮城県から山鼻兵村に入植した屯田兵で、十九年以降道庁官吏となり戸長を歴
任し、最後は滝川・奈江村戸長(二十五年十二月十五...
第六編 道都への出発 第四章 屯田兵村の再編 第三節 兵村生活の諸相 一 兵員から村民へ
自治の芽ばえ
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
能したが、こうした兵制にもとづくものとは別に生活の安定と向上をめざす住民組織が芽
ばえてきた。たとえば山鼻兵村をみると、村内には「懶惰にして酒を飲み甚た不成績」「
不良者放逐の為め態と此等の者の籍を士族と偽造して...
[[図版・写真・表組一覧 刊行の趣旨 奥付]]
図版・写真・表組一覧
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
給与された道具類(北大図)(336頁)写真-3最初の移住地琴似(北大図)(340,341頁)写真-4
山鼻兵村給与地図(道文)(344頁)写真-5山鼻週番所(北大図)(349頁)写真-6琴似小学校外観
『琴似町史...
第七編 近代都市札幌の形成 第一章 札幌区の成立 第一節 北海道区制と札幌 一 拓殖の進展
大なる田舎町
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第3巻 通史3
同博物館植物園、師範学校、札幌中学校、高等女学校、女子職業学校、北海中学校、札幌
神社、農事試験場、旧山鼻兵村、物産陳列場、競馬場、製麻会社、麦酒会社、月寒及び真
駒内種畜場、二五聯隊を視察し、三十日江別へ向かっ...
第七編 近代都市札幌の形成 第二章 諸町村の近代化と行財政 第二節 ムラの変貌と近代化Ⅱ 一 藻岩村
都市化する山鼻兵村
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第3巻 通史3
宅地となっていき、都市住民のベッドタウン化現象が生じていたことによる。『町村誌資
料』は都市化に向かう山鼻兵村の状況について、以下のように記している。一、当地ハ札
幌区ニ密接シ住民ハ半官半農的ナリ。村民ノ多クハ都...
[序]
件名目次
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第7巻 史料編2
設の回想(松本系譜より)…367八三琴似村兵屋半数引移の義伺(明治一二年一〇月二二日)
…368(二)山鼻兵村の屯田兵招募八四山鼻村へ屯田兵招募伺(明治八年六月五日)…369八五
東北各県への屯田兵徴募取纒依頼(...
二 札幌市街と周辺村落の形成
六 屯田兵村の開設
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第7巻 史料編2
官の密居制兵屋建設の回想(松本系譜より)八三琴似村兵屋半数引移の義伺(明治一二年一
〇月二二日)(二)山鼻兵村の屯田兵招募八四山鼻村へ屯田兵招募伺(明治八年六月五日)八
五東北各県への屯田兵徴募取纒依頼(明治八年...
[[口絵・第四回配本にあたって・例言・総目次]]
新札幌市史 第二巻 通史二/総目次
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
の導入黒田清隆の建議殖民方法概則と屯田兵例則制定の事情二用地の選定札幌二〇〇戸琴
似と山鼻第二節琴似・山鼻兵村の建設…342一兵村の施設住区画道路・用水路・風防林兵
屋週番所病院と学校二兵村の人びと募兵中隊編成兵...
第五編 札幌本府の形成 第四章 周辺村落の展開と農業 第一節 村落の成立と拡充 二 人口と移住動態
諸村の人口と移住の動向
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
うち琴似、発寒、山鼻の三カ村に屯田兵が入植した兵村があった。表1では第一中隊の琴
似・発寒、第二中隊の山鼻兵村の戸数、戸口数が別に算出されている。そのため琴似、発
寒村のみの戸数、戸口数は抽出できない。ただし発寒...
第五編 札幌本府の形成 第四章 周辺村落の展開と農業 第三節 農業生産の開始 二 新しい農業政策の推進
開墾・営農の推進者たち
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
の栽培と苗の配付は二十年代も続けている。たとえば二十六年には一反歩分、一〇〇坪分
という数量を札幌区、山鼻兵村、白石村等へ施与しているし、このほか同年には種籾、馬
鈴薯、蕎麦、大小豆なども各地へ配付している。もち...
第五編 札幌本府の形成 第五章 屯田兵制の採用 第二節 琴似・山鼻兵村の建設 一 兵村の施設
週番所
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
区琴似二条六丁目)に独立建物を建てることになった。開拓長官がその許可を与えたのは
九年五月一日である。山鼻兵村でも同年六月に新築を上申するが、完成まではやはり兵屋
を仮週番所として開村事務にあたった。その位置は兵...