札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 新札幌市史 第1巻 通史1 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第2巻 通史2 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第3巻 通史3 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第4巻 通史4 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第5巻 通史5上 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第5巻 通史5下 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第6巻 史料編1 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第7巻 史料編2 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第8巻1 統計編 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第8巻2 年表・索引編 (0 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第1巻 通史1 (0 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第2巻 通史2 (9 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第3巻 通史3 (6 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第4巻 通史4 (1 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第5巻 通史5上 (3 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第5巻 通史5下 (0 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第6巻 史料編1 (0 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第7巻 史料編2 (4 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第8巻1 統計編 (5 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第8巻2 年表・索引編 (1 件)

[その他ページ] (0 件)

[索引語] 新札幌市史 第1巻 通史1 (0 件)

[索引語] 新札幌市史 第2巻 通史2 (3 件)

[索引語] 新札幌市史 第3巻 通史3 (0 件)

[索引語] 新札幌市史 第4巻 通史4 (0 件)

[索引語] 新札幌市史 第5巻 通史5上 (0 件)

[索引語] 新札幌市史 第5巻 通史5下 (0 件)

[索引語] 新札幌市史 第8巻1 統計編 (0 件)

[年表] 新札幌市史 第8巻2 年表・索引編 (11 件)

ソート機能:
第五編 札幌本府の形成 第四章 周辺村落の展開と農業 第三節 農業生産の開始 一 土地制度の整備と開墾の進展
地券の発行と地租の創定
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
地ノ差等ニ寄リ適当ニ可相定事」とあるように、当時なお、ほとんどの土地は除租期間内
にあったので、実際の地租徴収にはそれを補足するばらばらの規程があったにすぎない。
しかし地所規則による除租期間もしだいに少なく...
三 土地
解題
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第7巻 史料編2
こでは、それらの中から主要な史料を選択し、便宜上、一、払下関係諸規則、二、払下手
続・地券発行等、三、地租創定事業、四、官有地・官林の四項目に分類し、かつ年代順に
配列した。〔一払下関係諸規則〕土地の私有権が...
Ⅰ土地・気象・人口
総説
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第8巻1 統計編
できなかった。解説についてみると,そもそも解説をまったく欠くものや,部門別の解説
を欠くものをおくと,地租改正の説明に終始したり,行政区画の変遷を述べたり,せいぜ
い官有地と民有地の面積等の数値を当該自治体と...
Ⅱ行財政
総説
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第8巻1 統計編
財政制度の変遷についてその概要を述べる。①1878年(明11)「地方税規則」制定1873年(
明6)「地租改正条例」が公布された。土地の価格を政府が決定し,その地価を課税標準と
して100分の3が地租として徴...
第五編 札幌本府の形成 第四章 周辺村落の展開と農業 第二節 村落の行政機構 二 新副戸長と総代、副総代
地価創定
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
れたかどうかは不明で、実際に私有地へ移管となったのかはわからない。このあと九年に
なり除租期間が切れ、地租賦課のための地券発行が改めて問題となってきた。九年十一月
二十八日に「今般当管内耕宅地其他従前ノ区画ヲ...
第七編 近代都市札幌の形成 第一章 札幌区の成立 第三節 行政司法等の機関 二 諸官公署
税務等の機関
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第3巻 通史3
国税の主要な部分を占めた地租の徴収については、全国の地租改正とほぼ同様に北海道で
地租創定作業がなされ地券発行条例が定められた。...
第九編 大都市への成長 第二章 札幌市の財政政策 第一節 戦後復興―安定期の財政政策 一 歳入出の概観
統計的概観
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第5巻 通史5上
成はシャウプ勧告を経て大きく変化した(表3・表4)。二十五年度までは、二十三年度から
道税に移管された地租・家屋税・営業税(事業税)の三付加税のうち事業税および家屋税付
加税と、入場税や遊興飲食税付加税が大き...
[序]
件名目次
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第7巻 史料編2
願書(明治一七年八月二二日)…435(4)月寒村土井ハル土地貸下願書(明治二一年三月六日)
…436三地租創定事業三六開墾地収税規則(明治五年四月)…437三七札幌本庁管内地租課収
の義伺(明治九年一一月一四...
三 土地
三 地租創定事業
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第7巻 史料編2
三六開墾地収税規則(明治五年四月)三七札幌本庁管内地租課収の義伺(明治九年一一月一
四日)三八地租の儀に付再伺(明治九年一二月一四日)三九地価創定請書(明治...
第六編 道都への出発 第三章 周辺農村の発展と農業の振興 第二節 周辺農村の行政機構 三 諸村の財政構造
財政収入
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
(道開)より作成。収入の内訳をみると、中心は戸別割の村費で全体の八、九割を占めてい
た。副次的に地価(地租)割、営業割もあるが、額はいたって少ない。地価割は二十五年に
停止となったが、これはもともと免租地へ賦...
第七編 近代都市札幌の形成 第一章 札幌区の成立 第二節 区役所と区会 一 区役所の設置
区域と住民
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第3巻 通史3
免、例外規定もあった。①三年以来区の住民であること。②区の負担(税など)を分任して
いること。③区内で地租年額五〇銭以上を納めるか、直接国税年額二円五〇銭以上を納め
るか、もしくは耕地宅地を三町歩以上所有して...
第七編 近代都市札幌の形成 第二章 諸町村の近代化と行財政 第三節 町村の行財政 二 町村役場と町村会
町村会
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第3巻 通史3
会が開設されるが、その議長は町村長で自治機能に多くの制約があった。議員の選挙被選
挙権は、一級町村が①地租を年四〇銭以上納める②直接国税を年二円以上納める③土地三
町歩以上所有のいずれかを、二級町村が①地租を...
第九編 大都市への成長 第二章 札幌市の財政政策 第一節 戦後復興―安定期の財政政策 一 歳入出の概観
敗戦後の地方財政
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第5巻 通史5上
関して、財源の確保による地方財政の自主性と地方財政調整を強化することを目標に挙げ
、その具体策として、地租・家屋税・営業税の増税とこれら三税の地方独立税化、市町村
民税の増税、所得税付加税の創設、使用料・手数...
第九編 大都市への成長 第二章 札幌市の財政政策 第一節 戦後復興―安定期の財政政策 二 戦後復興期の予算編成
相次ぐ増税と徴税の不振
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第5巻 通史5上
した増税に対する市民の不満は市税徴収の不振としてあらわれた。二十二年十一月の時点
での同税の納入率は、地租付加税と家屋税付加税のように高くても七〇パーセント台にと
どまり、自動車税三七パーセント、家畜税付加税...
[[口絵・第四回配本にあたって・例言・総目次]]
新札幌市史 第二巻 通史二/総目次
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
長戸長の変遷第三節農業生産の開始…311一土地制度の整備と開墾の進展土地関係諸規則
の制定地券の発行と地租の創定開墾の奨励と勧農規則二新しい農業政策の推進新しい農業
の導入農産物の買上養蚕・製麻の奨励開墾・営...
第五編 札幌本府の形成 第四章 周辺村落の展開と農業 第三節 農業生産の開始 一 土地制度の整備と開墾の進展
土地関係諸規則の制定
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
ていく。政府も五年以来、土地永代売買の禁を解き、土地の売買・譲渡については地券交
付を定め、六年からは地租改正事業を開始するなど着々と土地制度近代化の政策を施行し
ていた。北海道では近代法的意味での無所有地へ...
第五編 札幌本府の形成 第八章 札幌県と札幌 第二節 札幌区の再編と都市計画 一 札幌区の再編
区画改正事業の概要
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
た。土地の増減はなかったが、屯田事務局の北側は開拓使時代に官僚に払下をした民有地
であったため、地券や地租の関係で租税課との連絡が必要であった(同前道文七四三六)。
図-1屯田事務局用地移転関係附図大通以南の...
第六編 道都への出発 第三章 周辺農村の発展と農業の振興 第二節 周辺農村の行政機構 二 村自治と総代人
村規約と自治
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
人の補佐機関の役割を備えたとみられる組制度が存在していたことがわかる。白石村では
三十年に組長が組内に地租及び戸数割・営業税の切符を配布していたことが知られる(道
毎日三十年十月十六日付)。
第六編 道都への出発 第五章 教育の充実 第二節 初等教育の諸問題 一 就学率と財政の問題
各村の教育財政
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
、そのうち教育費は一六三円六六銭で、二円を除いてすべてが教育費である。収入は繰越
金が五円二一銭二厘、地租割一六円九五銭二厘、教育費雑入(授業料)一二円、営業割二〇
円七六銭、戸別割一一〇円七三銭六厘、計一六...
第六編 道都への出発 第七章 札幌進展期の社会生活と文化 第一節 明治中期札幌の諸相 一 生活の変遷
高騰する地価と家賃
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
一坪二〇円~八円、建物は一坪二〇円~七円、石造・土造蔵は四〇円~二五円とした。ま
た同年、札幌区役所で地租徴収のため持家と借家を調査したところ、全世帯六四四二戸中
持家は六四〇戸、残り五八〇二戸は借家または借...