札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 新札幌市史 第1巻 通史1 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第2巻 通史2 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第3巻 通史3 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第4巻 通史4 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第5巻 通史5上 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第5巻 通史5下 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第6巻 史料編1 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第7巻 史料編2 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第8巻1 統計編 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第8巻2 年表・索引編 (0 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第1巻 通史1 (0 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第2巻 通史2 (18 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第3巻 通史3 (14 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第4巻 通史4 (9 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第5巻 通史5上 (0 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第5巻 通史5下 (0 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第6巻 史料編1 (0 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第7巻 史料編2 (0 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第8巻1 統計編 (0 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第8巻2 年表・索引編 (0 件)

[その他ページ] (0 件)

[索引語] 新札幌市史 第1巻 通史1 (0 件)

[索引語] 新札幌市史 第2巻 通史2 (1 件)

[索引語] 新札幌市史 第3巻 通史3 (1 件)

[索引語] 新札幌市史 第4巻 通史4 (1 件)

[索引語] 新札幌市史 第5巻 通史5上 (0 件)

[索引語] 新札幌市史 第5巻 通史5下 (0 件)

[索引語] 新札幌市史 第8巻1 統計編 (0 件)

[年表] 新札幌市史 第8巻2 年表・索引編 (12 件)

ソート機能:
第六編 道都への出発 第三章 周辺農村の発展と農業の振興 第一節 移民の増大と農村 二 大農場の設置と小作移住の増大
農場の設置
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
積を有する大農場となった。二十三年には、篠路村に興産社(社長瀧本五郎)が二五三万五
二四五坪、苗穂村に佐藤昌介(札幌農学校教授)が五〇万坪、篠路・丘珠村に永山盛繁(北
海道炭礦鉄道会社支配人)が一四四万四一九九坪...
第六編 道都への出発 第五章 教育の充実 第三節 中・高等教育の発展 三 札幌農学校の発展
札幌農学校の文部省移管
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
とくに二十三年帝国議会の開催以来予算が削減され、農学校廃止論も噂された。この状況
を打開すべく校長心得佐藤昌介は、農学校に官立学校及図書館会計法を適用する案を提出
、上京して運動を行った。さらに内務・文部両省協議...
第六編 道都への出発 第七章 札幌進展期の社会生活と文化 第二節 生活のなかの結社団体と国家 一 結社団体の勃興と諸活動 (Ⅰ)社会啓蒙型団体の活動
学習・自己啓発
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
三月八日機関誌『北海道』創刊号発刊。二十四年一五号まで発行。以後休会したが三十二
年八月再興。当時会長佐藤昌介。札幌法学協会21・11・4講義・討論・擬律・擬判の方法
により法律講究の目的。会員十余人。二十二年三...
第六編 道都への出発 第七章 札幌進展期の社会生活と文化 第二節 生活のなかの結社団体と国家 一 結社団体の勃興と諸活動 (Ⅰ)社会啓蒙型団体の活動
勧業・勧農
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
業奨励。十四年勧農協会規則を設け、会頭堀基、会員九〇余人で発足。『勧農協会報告』
を刊行。二十六年会頭佐藤昌介、会員五四二人。北五西七に事務所を置く。北海道蚕糸協
会蚕糸奨励。会頭足立元太郎。大通東一に事務所を置...
第六編 道都への出発 第七章 札幌進展期の社会生活と文化 第三節 日清戦争と札幌市民 二 日清戦争の勃発と軍事援護
日赤及び篤志看護婦人会の活動
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
た。また、札幌の大黒座では十一月二十二日、「赤十字演説会」と称して阿部宇之八、中
野二郎、新渡戸稲造、佐藤昌介等がかわるがわる演壇に立ち、赤十字事業の理解をあおぐ
ための演説を行い、聴衆千五、六百人に喚起をうなが...
第七編 近代都市札幌の形成 第八章 国民統合と教育 第二節 中・高等教育機関の整備 三 東北帝国大学農科大学の成立
札幌農学校の大学昇格運動
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第3巻 通史3
れていた(日本近代教育百年史第四巻)。札幌農学校の大学昇格運動は三十二年春から始ま
り、同年五月、校長佐藤昌介は同校を拡張して大学とすべきことを文部省に申し入れた(
北大百年史通説)。同年七月には北海道教育会が「...
第八編 転換期の札幌 第八章 「教育都市札幌」の実像 第一節 教育機会の拡大とその矛盾 二 中・高等教育機関の拡充
北海道帝国大学の設立・拡充と学生運動
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第4巻 通史4
象となり、多くの札幌区民の関心を集めていた。大正五年には当時の札幌区長・阿部宇之
八が、農科大学学長・佐藤昌介、北海道庁長官・俵孫一らとともに上京し、文部省に対し
て「医科増設、大学独立」を陳情した(樽新大5・5...
第五編 札幌本府の形成 第七章 社寺の創基とキリスト教の宣教 第三節 キリスト教の宣教開始 二 W・S・クラークの伝道
一・二期生の受洗
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
リスもまた、他教派に対して幅広い関係を持った宣教師であった。やがて札幌に赴いたハ
リスは同年九月二日、佐藤昌介、内田瀞、大島正健、渡瀬寅次郎、柳本通義、黒岩四方之
進ら、伊藤一隆を除く一期生一五人全員に洗礼を授け...
第五編 札幌本府の形成 第七章 社寺の創基とキリスト教の宣教 第三節 キリスト教の宣教開始 四 札幌基督教会の設立
合同教会設立への気運
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
投書があったらしい。開拓使札幌本庁ではホイーラー教頭に生徒間の宗旨問題の葛藤に注
意を促している。また佐藤昌介も、開拓使の官吏から信仰上の感情を隠すように言われた
とクラークに報じている(北大百年史札幌農学校史料...
第五編 札幌本府の形成 第七章 社寺の創基とキリスト教の宣教 第三節 キリスト教の宣教開始 四 札幌基督教会の設立
札幌基督教会の自立
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
月二日、一・二期生と伊藤・平野両家の人びとら二〇人は両教会に退会を申出、白官邸で
の教会生活を始めた(佐藤昌介は退会に同調しなかった)。これがのちの札幌基督教会であ
る。そのうちの一人、宮部金吾は、この日が事実上...
第五編 札幌本府の形成 第七章 社寺の創基とキリスト教の宣教 第三節 キリスト教の宣教開始 四 札幌基督教会の設立
新会堂建築と牧師按手礼問題
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
派の協力を得やすいものとした。教会独立後、かつての一・二期生の信徒のうち、十五~
十六年に、内村鑑三、佐藤昌介、新渡戸(太田)稲造、広井勇らが札幌を離れた。その一方
、札幌へ転入してくる他教会員、新たに洗礼を受け...
第六編 道都への出発 第一章 北海道庁と札幌 第二節 札幌の行政機構と自治への胎動 二 自治への胎動
議会をもとめて
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
て、当時に於ける札幌の自治思想を代表したるもの」(札幌区史)であった。この『北海道
』第一〇号には会長佐藤昌介(札幌農学校教授)の「国家と自治」と題した講演要旨が掲載
されている。(前略)我日本帝国をして憲法国た...
第六編 道都への出発 第五章 教育の充実 第三節 中・高等教育の発展 三 札幌農学校の発展
札幌農学校の道庁管轄
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
園も設置された。この時期に農学校の立場で活躍したのが、同校第一回卒業生で米国留学
から帰国したばかりの佐藤昌介であった。佐藤は十九年十一月に「札幌農学校ノ組織改正
ノ意見」を岩村長官に提出し、北海道開拓に農学校の...
第六編 道都への出発 第六章 宗教組織の確立と信仰 第三節 キリスト教諸教派の進出と教会設立 二 札幌基督教会の消長と諸教派の進出
札幌基督教会の発展
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
から戻り、札幌農学校の教授となり、同教会の在住会員・客員となった。美以教会(みい
きょうかい)に残った佐藤昌介(札幌農学校教授)、長老派のS・C・スミス(北海道師範学校
教師)も客員として札幌基督教会の活動に参加...
第六編 道都への出発 第六章 宗教組織の確立と信仰 第三節 キリスト教諸教派の進出と教会設立 二 札幌基督教会の消長と諸教派の進出
メソヂストと聖公会
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
、美以教会(メソヂスト監督教会)であった。札幌基督教会設立後、メソヂスト監督教会の
宣教は途絶えたが、佐藤昌介は教会員籍を美以教会から移さず、札幌基督教会の客員とな
っていた。また、代言人(弁護士)仁平(にひら)...
第六編 道都への出発 第七章 札幌進展期の社会生活と文化 第二節 生活のなかの結社団体と国家 一 結社団体の勃興と諸活動 (Ⅲ)各種同好・親睦型団体の活動
親睦・懇親
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
の祭典22・二十四年故南洲翁十五年忌。【同窓会】会名創立・開催日備考札幌農学校同窓
会20・ 5・幹事佐藤昌介。慶応義塾同窓会24・ 5・30東京庵にて同窓会。成立学舎同窓会
26・ 1・22旧実業舎内で同窓懇親...
第六編 道都への出発 第七章 札幌進展期の社会生活と文化 第二節 生活のなかの結社団体と国家 二 日の丸と天長節・紀元節 [[紀元節・天長節]]
紀元節・天長節
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
いた。演題も、「今日は如何なる日ぞ」、「今日を祝す」、「帝国万歳」、「天長を祝す
」といったのが並び、佐藤昌介会長の「奉恭賀天長節」の演説にいたっては、「帝国万歳
、憲法万歳、天皇万歳」で結ばれ、聴衆百四、五十人...
第六編 道都への出発 第七章 札幌進展期の社会生活と文化 第四節 労働者と農民 三 人身売買の実態と廃娼論のゆくえ
廃娼論
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
会合ではなかろうか。新聞に「侃々生」なる人物が密売淫問題を掲げた年の十二月、北海
道学友会の席で会長の佐藤昌介が「婦人論」を演説し、その中で初めて「廃娼」について
も触れた。その後同会では二十三年から翌年にかけて...
第六編 道都への出発 第七章 札幌進展期の社会生活と文化 第六節 文化・出版の興隆 二 日刊新聞の創刊と出版文化
道毎日の発展
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
となったとされている。また「第六」の特別寄書の執筆者として伊藤一隆、新渡戸稲造、
大島正健、永田方正、佐藤昌介など一九人を依頼した(道毎日二十四年八月十一日付)。新
聞刊行以外の事業としては、二十四年から二十五年...
第六編 道都への出発 第七章 札幌進展期の社会生活と文化 【主要参考文献・史料】
[[【主要参考文献・史料】]]
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
沿革』、札幌区役所『明治二十二年札幌区統計概表』、岩村通俊『滋賀県地方出張紀行』
(東京都岩村家蔵)、佐藤昌介「婦人論」『北海道』第九号(北海道学友会)、札幌市議会『
札幌市議会史年表自明治元年至昭和四十三年』、...