札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 新札幌市史 第1巻 通史1 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第2巻 通史2 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第3巻 通史3 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第4巻 通史4 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第5巻 通史5上 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第5巻 通史5下 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第6巻 史料編1 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第7巻 史料編2 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第8巻1 統計編 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第8巻2 年表・索引編 (0 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第1巻 通史1 (0 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第2巻 通史2 (0 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第3巻 通史3 (2 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第4巻 通史4 (13 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第5巻 通史5上 (2 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第5巻 通史5下 (5 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第6巻 史料編1 (0 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第7巻 史料編2 (0 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第8巻1 統計編 (0 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第8巻2 年表・索引編 (2 件)

[その他ページ] (0 件)

[索引語] 新札幌市史 第1巻 通史1 (0 件)

[索引語] 新札幌市史 第2巻 通史2 (0 件)

[索引語] 新札幌市史 第3巻 通史3 (1 件)

[索引語] 新札幌市史 第4巻 通史4 (1 件)

[索引語] 新札幌市史 第5巻 通史5上 (2 件)

[索引語] 新札幌市史 第5巻 通史5下 (2 件)

[索引語] 新札幌市史 第8巻1 統計編 (0 件)

[年表] 新札幌市史 第8巻2 年表・索引編 (5 件)

ソート機能:
第八編 転換期の札幌 第九章 大衆文化・モダニズム・文化統制 【主要参考文献・史料】
[[【主要参考文献・史料】]]
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第4巻 通史4
画」苫名直子「岡田七蔵の画業について」『紀要』(北海道立近代美術館ほか)94―95、『
北方のモダン―三岸好太郎と札幌の画家たち』展図録(北海道立三岸好太郎美術館)、吉田
豪介『北海道の美術史異端と正統のダイナミズ...
第八編 転換期の札幌 第九章 大衆文化・モダニズム・文化統制 第三節 美術
林竹治郎とその門下生
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第4巻 通史4
、日本芸術院会員)、能勢真美、今田敬一、澤枝重雄、池田雄次郎(以上道展会員)、山田
正(国画会同人)、三岸好太郎、俣野第四郎(春陽会出品者)、久保守(国画会会員、東京芸
大教授)、小山昇(自由美術家協会会員)、岡部...
第八編 転換期の札幌 第九章 大衆文化・モダニズム・文化統制 第三節 美術
道展の成立
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第4巻 通史4
同じ小学校区という地域で交流を深めて育って来たことを指摘する。能勢真美、大森滋、
渋谷政雄、小川マリ、三岸好太郎らは北九条小学校。山田正、山本菊蔵、本間紹夫は中央
創成小学校。小山昇と松島正幸は西創成小学校、といっ...
第十編 現代の札幌 第九章 芸術・文化の拡がり 第二節 文化施設・行政と文化団体 一 文化施設
美術館
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第5巻 通史5下
設置された美術館は、昭和四十二年九月三日に開館した北海道立美術館であった。主に節
子夫人から寄贈された三岸好太郎の作品を展示していたが、北一条西五丁目の旧道立図書
館を改装して充てた仮の美術館であって、いずれ本格的...
第八編 転換期の札幌 第九章 大衆文化・モダニズム・文化統制 第三節 美術
北海道帝国大学と芸術活動
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第4巻 通史4
顧している(黒百合会回顧録一九三一年)。しかし、匠秀夫が評するように、のちに東京に
おいて外山卯三郎は三岸好太郎に対して、理論やポエジーの圧倒的影響を与えた。たとえ
ば三岸は「感情と表現」(昭8・1)のなかで、クラ...
第八編 転換期の札幌 第九章 大衆文化・モダニズム・文化統制 第三節 美術
一九三〇年協会・独立美術協会
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第4巻 通史4
、画家の主観的感情の表現に外ならない」とした上で、「形象上の感情」「色彩上の感情
」を説くものだった。三岸好太郎は、翌九年第二回北海道独立美術作家協会に超現実主義
に接近する「ビロードと蝶」を出品した直後の、七月一...
第八編 転換期の札幌 第九章 大衆文化・モダニズム・文化統制 第三節 美術
社会と美術
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第4巻 通史4
版社主催のテンペラ画講習会、七年五月には日本プロレタリア美術家同盟札幌支部のプロ
レタリア美術講習会、三岸好太郎ほかの美術講演会、八年七月には北海道独立美術作家協
会主催の美術講演会、八月二十八日には日本南画院の小...
[[図版・写真・表組一覧 刊行の趣旨 奥付]]
図版・写真・表組一覧
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第4巻 通史4
(958頁)写真-5『時雨』『暁雲』(同上)(964頁)写真-6『展望』(同上)(965頁)写真-7三岸
好太郎「オーケストラ」(昭8北海道立三岸好太郎美術館蔵)(973頁)写真-8本間莞彩皇太子
殿下豊平橋御通過...
第九編 大都市への成長 第九章 市民の文化と活動 第三節 美術 二 美術館誕生
北海道立美術館の開館
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第5巻 通史5上
この膠着状態を打開したのは、三岸好太郎の遺作二二〇点が札幌市に寄贈された一件であ
った。昭和四十年七月十四日から八月十四日にかけて、北海道拓...
第十編 現代の札幌 第九章 芸術・文化の拡がり 第一節 芸術文化 三 美術
新たな座標軸を形成した美術館
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第5巻 通史5下
4)、森田沙伊(昭55)、国松登(昭60)、久保守(昭61)、菊川多賀(昭62)、本間莞彩(平8)、
三岸好太郎(平15)、小川マリ(平16)、米谷雄平(平17)などが、これまで紹介された札幌ゆ
かりの美術家である...
年表編
出典一覧(明治以降) 1945年〜2000年
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第8巻2 年表・索引編
術協会)3593道婦連協20年史3594道婦連協30年史3595東洋信託銀行10年史3596北海道立
岸好太郎美術館報創刊号3597北海道立三岸好太郎美術館報第10号3598開校5周年記念誌稲
陵(稲陵中学校)3...
第七編 近代都市札幌の形成 第九章 さまざまな文化活動 第二節 演劇・美術・音楽等の活動 二 美術
エルム会など
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第3巻 通史3
馬会、北海中学校の団栗会と、青年美術家の白楊画会が、大正三年に札幌連合洋画展覧会
を開催し、大正八年に三岸好太郎、俣野第四郎らがアネモネ会をつくり、同年十一月に展
覧会を開いた。こうして札幌の美術活動はこの時期にさ...
第七編 近代都市札幌の形成 第九章 さまざまな文化活動 第二節 演劇・美術・音楽等の活動 二 美術
林竹治郎と菅原翠洲
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第3巻 通史3
に指導をうけた人たちの中には長谷川昇、沢枝重雄、能勢眞美、今田敬一、池田雄次郎、
山田正、俣野第四郎、三岸好太郎、久保守など後に北海道あるいは日本の美術の担い手に
なった人たちも少なくはなかった。菅原翠洲も東京美術...
[[口絵・第六回配本にあたって・例言・総目次]]
例言
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第4巻 通史4
道教育大学附属図書館、北海道立図書館、北海道開拓記念館、北海道立文書館、北海道立
近代美術館、北海道立三岸好太郎美術館、北海道立文学館、北海道社会福祉協議会図書資
料センター、北海道立帯広美術館、札幌市立教育研究所...
第八編 転換期の札幌 第九章 大衆文化・モダニズム・文化統制 第一節 大衆文化状況から戦時下の文化統制へ 一 札幌の大衆文化状況
文化の同時代性
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第4巻 通史4
ないし、映画も東京とほぼ同時進行する札幌の松竹座などの直営館もあった(さっぽろ文
庫49札幌と映画)。三岸好太郎は、何度も東京と札幌を往復し、春陽会、フォーヴィスム
、前衛的な作風と新しい様式を札幌に伝えるとともに...
第八編 転換期の札幌 第九章 大衆文化・モダニズム・文化統制 第一節 大衆文化状況から戦時下の文化統制へ 一 札幌の大衆文化状況
喫茶店ネヴォとプロレタリア芸術
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第4巻 通史4
加藤悦郎、日本プロレタリア演劇家同盟札幌支部の若林修、野口孝一、佐々木晴二など左
翼芸術家から、画家の三岸好太郎・節子夫妻、春陽会の鳥海青児、伊福部昭・早坂文雄・
三浦淳史といった音楽関係者にいたるまで、札幌の若い...
第八編 転換期の札幌 第九章 大衆文化・モダニズム・文化統制 第二節 文学 一 散文・総合誌
総合誌『北海道』
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第4巻 通史4
とりえ――音楽に関する断片(A)」、大澤重夫「北海道の文学」などで、「創作」欄に佐
藤隆子「雪降る」、三岸好太郎「朝の散歩」が発表されている。三岸の作品は散文詩で、
「エルムの大きな木が一杯ある森の中に細い道がどこ...
第八編 転換期の札幌 第九章 大衆文化・モダニズム・文化統制 第三節 美術
裸体時代
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第4巻 通史4
七月二十二日から二十四日の、「幼ない折の或る時期を、和やかに育むで呉れたこの土地
、札幌」で行われた、三岸好太郎、俣野第四郎、小林喜一郎の油絵展覧会(民衆会館)にお
いて、俣野の二点の「トルソ」が展覧不許可となる(...
第八編 転換期の札幌 第九章 大衆文化・モダニズム・文化統制 第三節 美術
展覧会場
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第4巻 通史4
)・歌舞伎等渡辺直堂個人展映画・演劇等全北海道美術展(道展),上野山清貢個人展『北
方のモダン』(道立三岸好太郎美術館),『北タイ』,『札幌歴史地図』(昭和編)より作成
。大規模な展覧会が行われた農業館では、道展の...
第九編 大都市への成長 第八章 教育の民主化 第四節 戦後社会教育の展開 二 社会教育施設の展開・拡充
博物館
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第5巻 通史5上
、企業など)による歴史資料館、記念館などの博物館類似施設が増大した。また、四十二
年九月に開設した道立三岸好太郎美術館は市内所在の北海道で最初の美術館として重きを
なし、これを契機にして四十年代後半期以降、北海道立...