札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 新札幌市史 第1巻 通史1 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第2巻 通史2 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第3巻 通史3 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第4巻 通史4 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第5巻 通史5上 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第5巻 通史5下 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第6巻 史料編1 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第7巻 史料編2 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第8巻1 統計編 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第8巻2 年表・索引編 (0 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第1巻 通史1 (94 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第2巻 通史2 (19 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第3巻 通史3 (11 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第4巻 通史4 (9 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第5巻 通史5上 (12 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第5巻 通史5下 (9 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第6巻 史料編1 (1 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第7巻 史料編2 (2 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第8巻1 統計編 (0 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第8巻2 年表・索引編 (2 件)

[その他ページ] (1 件)

[索引語] 新札幌市史 第1巻 通史1 (14 件)

[索引語] 新札幌市史 第2巻 通史2 (2 件)

[索引語] 新札幌市史 第3巻 通史3 (0 件)

[索引語] 新札幌市史 第4巻 通史4 (0 件)

[索引語] 新札幌市史 第5巻 通史5上 (0 件)

[索引語] 新札幌市史 第5巻 通史5下 (4 件)

[索引語] 新札幌市史 第8巻1 統計編 (0 件)

[年表] 新札幌市史 第8巻2 年表・索引編 (48 件)

ソート機能:
第五編 札幌本府の形成 第三章 殖産興業の扶植 第二節 官園等の設置と山林政策 二 山林政策及び農業博覧会
札幌近傍の林相
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
」沼平林下手稲村星置往還筋、小樽内川迄平林篠路太ヨリ石狩川筋幌向太迄両側平林三等
官林「ヘンケハツタリベツ」ヨリ豊平川上、両側定山渓迄山林、定山渓ヨリ豊平川上筋山
林同所ヨリ白井川筋山林上手稲村ヨリ西方二股迄...
第五編 札幌本府の形成 第四章 周辺村落の展開と農業 第一節 村落の成立と拡充 一 諸村の成立
下手稲村の成立
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
手稲村は片倉家旧臣の開拓使貫属が入植し、五年二月に発寒村を割き設置された。村内の
サンタロベツ(三樽別、後の軽川)と呼ばれたいまの手稲区本町付近は、四年に通行屋(取
扱人吉田新兵衛)がおかれたよう...
第五編 札幌本府の形成 第一章 札幌本府の建設 第一節 開拓使の設置と北地問題 四 開拓使と兵部省
札幌本府経営と兵部省支配
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
それは六項を含み、一項は山林の伐木手順、二項は新川新道の利用手順、三項以下は境界
に関する事項で、トウベツとその近辺、シノロ、ハラト・ハンナコロの近辺の国郡境界の
件となっている(兵部省開拓使取極書北大図)。...
第五編 札幌本府の形成 第一章 札幌本府の建設 第四節 初期移民と村落の形成 二 庚午移民の入植
移民の編成
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
十四日「開墾地移住民平八郎に勝手被致候」と発寒村の福玉仙吉の訴えが記されている。
福玉仙吉は明治元年にベツカウス(現西野)に入地した人物で、当時杣工として伐木を営ん
でいた。七年に札幌神社に桜の苗木を寄付した...
第五編 札幌本府の形成 第一章 札幌本府の建設 第四節 初期移民と村落の形成 四 片倉家臣団の移住
幌別への移住
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
四五戸一一七人が移住した(ふるさと登別上巻)。彼らが入植したのは現在の登別市幌別及
び室蘭市鷲別(わしべつ)の地域である。第一・二次あわせて六六戸一八四人が移住したも
のの、当初の計画人員のわずか一割ほどであ...
第五編 札幌本府の形成 第一章 札幌本府の建設 第四節 初期移民と村落の形成 四 片倉家臣団の移住
手稲村への入植
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
不和(白石発展史)も予想されるが、実際のところはわからない。発寒の入植地は、二月十
二日に「発寒川北字ベツカウス東ニ手稲村ト相称ヒ候」(市史第七巻二一三頁)と手稲村と
命名された。入植過程を示す史料はないが、...
第五編 札幌本府の形成 第三章 殖産興業の扶植 第二節 官園等の設置と山林政策 一 官園、牧場、その他勧業施設
札幌官園
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
(ぶどう)などの苗若干を移植し、熊谷県榛沢郡から陸稲種子一五石を購入して試植した。
蔬菜はトマト・キャベッの苗が送付されており、その他内外種を毎年試播し成長もよかっ
たようである。六年五月測定の「北海道札幌之...
第五編 札幌本府の形成 第五章 屯田兵制の採用 第二節 琴似・山鼻兵村の建設 一 兵村の施設
道路・用水路・風防林
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
を結ぶ幹線道の役割を果たすものとして五年開削の石切山道が区画内にあった。これは鹿
道を利用したハツタラベツ道の簡易な改修で、兵村区画と整合せず給与地をななめに通じ
たりしたので、新規に幹線道と兵村中央道路を兼...
第五編 札幌本府の形成 第六章 教育の開始 第二節 地域と初等教育 二 学校経営の諸問題
学田
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
況は表4のとおりである。表-4学田願一覧(明治18年)学校面積位置藻岩学校60万坪月寒村
厚別(あしりべつ)琴似学校50上手稲村西野山鼻学校65砥石山官林上手稲学校20上手稲村西
野円山学校20.3148上手...
第五編 札幌本府の形成 第七章 社寺の創基とキリスト教の宣教 第一節 札幌神社および開拓地神社の創立 四 本府・村の成立と神社の創建
集落等の成立と神社の創立
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
また、個人の屋敷神として祀られていたものの発展という事例もいくつかみられる。まず
六年頃に厚別(あしりべつ)の移民が開拓地の一隅に小祠を建てたのが厚別神社の起源とさ
れている(清田地区百年史)。十六年に苗穂村...
第五編 札幌本府の形成 第八章 札幌県と札幌 第三節 移民政策と移住の進展 四 諸村の動向
諸村の状況と生産高
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
地域である。月寒村の場合、のちのことであるが『函館新聞』(明治二十年一月二十三日)
には、厚別(あしりべつ)(現豊平区清田付近)には四〇戸ほど居住者がおり、多くが材木・
屋根板の伐出し、炭・薪の製造に従事して...
第六編 道都への出発 第一章 北海道庁と札幌 第二節 札幌の行政機構と自治への胎動 一 区行政と総代人会
郡区と町村
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
き、二十六年十二月十六日付道庁令をもって広島村が新設され、以後札幌郡は二〇村とな
る。すなわちシユプンベツ川と千歳川の落合よりノツポロ川の支流に沿って字熊の沢に至
る線を境界とし、現広島町大曲以南が月寒村から...
第六編 道都への出発 第三章 周辺農村の発展と農業の振興 第一節 移民の増大と農村 一 諸村の発展
月寒村の軍都への歩み
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
をもっていたが、二十七年二月に広島村に戸長役場が設置され分離となった。この時期月
寒村は、厚別(あしりべつ)と呼ばれた清田・平岡、焼山と呼ぼれた西岡の開拓が進んでい
った。厚別には二十年頃には四〇戸、旅人宿も...
第六編 道都への出発 第三章 周辺農村の発展と農業の振興 第一節 移民の増大と農村 一 諸村の発展
白石村と大谷地・厚別の発展
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
いたが、二十年六月に六〇町歩を収得して農場を開いた月寒村の吉田善太郎、諸橋亀吉な
どにより厚別(あしりべつ)(現清田・北野)から二六一三間の用水路(吉田堀)が二十七年頃
に完成し、大谷地の水田面積は飛躍的に増...
第六編 道都への出発 第三章 周辺農村の発展と農業の振興 第三節 農業生産の定着 二 農業生産の状況
円山村の野菜
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
かけたようである。生産されたものは『円山百年史』によると、じゃがいも、玉ねぎ、に
んじん、ごぼう、キャベツ、大菜、大根、ねぎなどである。
第六編 道都への出発 第三章 周辺農村の発展と農業の振興 第三節 農業生産の定着 二 農業生産の状況
果樹
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
ンゴ)、桜桃(サクランボウ)、梨(ナシ)、阿蘭陀いちご(オランダいちご)、赤茄(トマト)
、甘藍(キャベツ)、玉葱(タマネギ)、玉蜀黍(トウモロコシ)、燕麦(エンバク)、麦粉(ム
ギコ)」等の農産物が挙げられ...
第六編 道都への出発 第四章 屯田兵村の再編 第二節 兵村の土地 二 公有地
共同の財産
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
る。篠路兵村へは山鼻村白川を主に給与したが、面積上は半分に達せず、残りは各地に分
散した。山鼻村アシシベツ、平岸村簾舞、花畔村等は他兵村と同条件の土地であるが、給
与地に続く石狩川右岸当別村五筆四七万坪余、さ...
第六編 道都への出発 第五章 教育の充実 第一節 初等教育施設の増加 二 初等教育の発展
村落部初等教育施設の増加
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
の確定しがたいものもあるが、ほぼ成立順に列記すると、十九年山口村(生田某による)、
月寒村厚別(あしりべつ)(田中松三郎)、二十一年白石村厚別(神崎正雄)、二十三年白石村
厚別(下西智三・智徳寺)、札幌村烈々...
第六編 道都への出発 第七章 札幌進展期の社会生活と文化 第二節 生活のなかの結社団体と国家 一 結社団体の勃興と諸活動 (Ⅱ)社会改良型団体の活動
社会改良・慈善・衛生
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第2巻 通史2
等も結成。札幌慈善会慈善活動。二十三年永山武四郎夫人を会頭に設立。物品販売(リン
ゴ、おもちゃ、洋物、べっ甲張蒔絵塗物、沖縄産小間物、毛糸編物、反物、小説、パン、
巻紙状袋)。売上金、寄付金を銀行へ預け、災害...