札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 新札幌市史 第1巻 通史1 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第2巻 通史2 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第3巻 通史3 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第4巻 通史4 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第5巻 通史5上 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第5巻 通史5下 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第6巻 史料編1 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第7巻 史料編2 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第8巻1 統計編 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第8巻2 年表・索引編 (0 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第1巻 通史1 (33 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第2巻 通史2 (2 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第3巻 通史3 (2 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第4巻 通史4 (0 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第5巻 通史5上 (2 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第5巻 通史5下 (2 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第6巻 史料編1 (0 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第7巻 史料編2 (0 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第8巻1 統計編 (0 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第8巻2 年表・索引編 (1 件)

[その他ページ] (0 件)

[索引語] 新札幌市史 第1巻 通史1 (4 件)

[索引語] 新札幌市史 第2巻 通史2 (0 件)

[索引語] 新札幌市史 第3巻 通史3 (1 件)

[索引語] 新札幌市史 第4巻 通史4 (0 件)

[索引語] 新札幌市史 第5巻 通史5上 (2 件)

[索引語] 新札幌市史 第5巻 通史5下 (0 件)

[索引語] 新札幌市史 第8巻1 統計編 (0 件)

[年表] 新札幌市史 第8巻2 年表・索引編 (3 件)

ソート機能:
第一編 札幌の自然史 第三章 野幌丘陵の地層 第二節 下野幌層の動・植物化石
貝化石群
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第1巻 通史1
、ダイシャカニシキ・コシバニシキ・トウカイシラスナガイ・プロフルビアなどの絶滅種
(*1)を含むほか、エゾサンショウガイ・エゾタマガイ・エゾボラの仲間・エゾタマキガ
イ・エゾキンチャクガイ・ホタテガイ・エゾワ...
第一編 札幌の自然史 第四章 台地と扇状地 第四節 埋積された台地
三ベッドの特性
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第1巻 通史1
に累重している。分布はかなり広く、層厚も最大一〇〇メートルにも達する。このベッド
に含まれる貝化石は、エゾタマキガイ・ホタテガイ・エゾワスレガイなど二六種の寒暖混
合群集である。花粉化石群集はアカエゾマツある...
第十編 現代の札幌 第七章 市民生活の諸相と保健・福祉 第二節 公害と環境問題 三 環境保全と市民運動
レッドデータ・リスト
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第5巻 通史5下
希少種留意種1~25鳥類オジロワシ○クマタカ○オオタカ○クマゲラ○ハイタカなど7種○
アカショウビン○エゾライチョウ○コアカゲラ○オオジシギなど15種○オオアカゲラ○26
~30魚類アユ○イシカリワカサギ○エ...
第一編 札幌の自然史 第三章 野幌丘陵の地層 第四節 前・中期更新世の地史
下野幌期
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第1巻 通史1
世から生き続けてきたダイシャカニシキ・コシバニシキ・トウカイシラスナガイ・プロト
フルビアなどとともにエゾタマガイ・エゾボラ・エゾキンチャクガイ・ホタテガイなどが
ところせましと生息していた。まさに、動物たち...
第三編 イシカリ場所の成立 第一章 松前藩成立以前の蝦夷地 第二節 エミシからエゾへ 二 奥羽の諸豪族と渡島
エゾの呼称起こる
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第1巻 通史1
古代国家の東夷、北狄を含むエビスあるいはエミシの呼称の政治的発想は、一二世紀を境
エゾに変わっていった。それは種族的違いをも意味することになる。このエゾの呼び名
は、樺太アイヌの間に残って...
第一編 札幌の自然史 第四章 台地と扇状地 第四節 埋積された台地
石狩湾の海底泥炭
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第1巻 通史1
層準に粘土~砂質堆積物がはさまっている。泥炭にはハンノキ属とヤナギ属の材化石が多
く含まれ、花粉化石はエゾマツあるいはアカエゾマツがもっとも多く、その他トドマツ、
カバノキ属、ハンノキ属、ヤナギ属をわずかに含...
第三編 イシカリ場所の成立 第一章 松前藩成立以前の蝦夷地 第三節 夷島 一 鎌倉幕府と夷島
東夷成敗権
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第1巻 通史1
くなりつつあった。この期、実際の蝦夷地は津軽の北部と北海道、千島に限られ、鎌倉幕
府期には渡島は夷島(エゾカシマ)として認識されるようになるのである。鎌倉幕府は平泉
藤原氏の征討によって、奥羽の支配権を得ただ...
第一編 札幌の自然史 第三章 野幌丘陵の地層 第二節 下野幌層の動・植物化石
花粉化石
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第1巻 通史1
モミ属・ツガ属の花粉化石が含まれている。表-3下野幌層の花粉化石帯北海道に現在分布
するトウヒ属には、エゾマツとアカエゾマツがあり、モミ属はトドマツである。また、ツ
ガの仲間は、現在、北海道には分布していない...
第一編 札幌の自然史 第四章 台地と扇状地 第二節 最終氷期の堆積物
焼きつくされた森林
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第1巻 通史1
より上に出ていた樹木の上部は、なぎ倒され焼き払われてしまったのである。この化石林
を構成していた樹木はエゾマツと鑑定されており、その炭化木の14C年代値は三万年前を
示している。最近になって、市内南区藤野で、...
第一編 札幌の自然史 第四章 台地と扇状地 第二節 最終氷期の堆積物
元野幌粘土層
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第1巻 通史1
支笏軽石流堆積物は分布していないので、この地層は小野幌層の上位に直接かさなってい
る。泥炭層からはアカエゾマツの毬果やグイマツ・エゾマツなどの材化石が発見されてい
る。また、花粉化石はトウヒ属・カラマツ属・カ...
第一編 札幌の自然史 第四章 台地と扇状地 第五節 最終氷期の地史
中期
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第1巻 通史1
の初頭には古豊平川の沖積平野の一部は低湿帯として、そこに泥炭を形成していたと考え
られる。この時期は、エゾマツ・トドマツなどの森林が発達し、現在よりやや冷涼であっ
たと考えられる。その後、市西部の山地の上昇運...
[[口絵 第三回配本にあたって 編集にあたって 凡例 新札幌市史 総目次]]
新札幌市史 第一巻 通史一/総目次
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第1巻 通史1
下五~七世紀の蝦夷の動き北越に柵戸を配す二律令国家と渡島蝦夷阿倍臣の北征エミシと
粛愼第二節エミシからエゾへ…347一渡島蝦狄の朝貢渡島蝦狄渡島蝦狄の来貢と貢物元慶
の反乱二奥羽の諸豪族と渡島安倍・清原氏と渡...
第一編 札幌の自然史 第三章 野幌丘陵の地層 第四節 前・中期更新世の地史
竹山期
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第1巻 通史1
ルプスのリス氷期に相当するものと考えてよい。このように、竹山期の札幌地域は、低地
部にはグイマツやアカエゾマツ、エゾマツなどの針葉樹やカバノキ、ハンノキなどの広葉
樹の混じった疎林が展開していたが、山地はほと...
第一編 札幌の自然史 第四章 台地と扇状地 第二節 最終氷期の堆積物
厚別砂礫層
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第1巻 通史1
島砂礫層中の泥炭にはグイマツ(*7)の小枝や根株などの遺体が含まれており、花粉化石
群集は、グイマツとエゾマツあるいはアカエゾマツを主とし、わずかにハイマツとカバノ
キ属をまじえた亜寒帯林の植生を示している。...
第一編 札幌の自然史 第四章 台地と扇状地 第五節 最終氷期の地史
前期
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第1巻 通史1
終間氷期から最終氷期へ移行する時期とみられるのである。もしそうだとすると、この時
期は寒冷化が進んで、エゾマツあるいはアカエゾマツ、カバノキ属・ハンノキ属が優勢な
森林が札幌周辺をおおっていたと思われる。また...
第一編 札幌の自然史 第四章 台地と扇状地 第五節 最終氷期の地史
後期
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第1巻 通史1
ションとかいわれる現象である。これも寒さの程度を証明するものなのである。当時の山
麓部はグイマツやアカエゾマツ・エゾマツなどの亜寒帯林が展開し、年平均気温も八~一
〇度くらい低い、ちょうどサハリンの北部地域く...
第一編 札幌の自然史 第五章 石狩海岸平野の形成 第一節 沖積海進初期の堆積物
下部西浜層の泥炭層
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第1巻 通史1
海進の停滞あるいは小海退があったことは事実である。二枚の泥炭層の花粉組成をみると
、両者ともトドマツ・エゾマツあるいはアカエゾマツを伴うものの氷期にはきわめてわず
かだったクルミ属・ニレ属・コナラ属が出現して...
第一編 札幌の自然史 第五章 石狩海岸平野の形成 第四節 完新世の地史と古気候
古石狩湾期(一万年~七〇〇〇年前)
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第1巻 通史1
暖化は急速に進み、コナラ属が急増してクルミ属やカバノキ属と交替した。以後、約三〇
〇〇年間はコナラ属とエゾマツあるいはアカエゾマツが交互に増減を繰り返しているが、
全般的には温暖な時期であった。それに呼応し、...
第一編 札幌の自然史 第五章 石狩海岸平野の形成 第四節 完新世の地史と古気候
完新世の冷涼期(五〇〇〇年~四〇〇〇年前)
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第1巻 通史1
ってから温暖な気候が続いていたこの地域も五〇〇〇年前ころから、次第に寒さをまし四
五〇〇年前になると、エゾマツ・アカエゾマツ・トドマツ・ツガ属などの亜寒帯針葉樹林
が優勢になり、コナラ属が衰退する。この時期は...
第二編 先史の札幌 第三章 縄文時代 第二節 中期 四 溝状遺溝(Tピット)
シカの陥し穴
札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ    新札幌市史 第1巻 通史1
)は原生林が伐採され明るい疎林が残り、こういった場所が積雪期において林縁部に集合
・移動する習性をもつエゾシカにとって好適な生息地であること、さらに春先の雪深い時
期にエゾシカを上流から追うと、シカは川の中を...