八代市立図書館/デジタルライブラリ

八代の植物
目録データ 静止画(写真・絵等)
識別番号
2000-0000-0000-0000-0000-0000-0160 
資料所蔵機関の名称
八代市立図書館
スイレン 
オニバス 
植物名
オニバス  
撮影者
冨田壽人 撮影 
その他の注記
県:絶滅危惧ⅠA類(CR)環境省:絶滅危惧Ⅱ類(VU) 
関係する地名
八代市 
資料説明
昭和40年代、八代城の東側の堀に2度ほど、オニバスが3~40cmにもなる葉を10枚近く水面に広げていたのを記憶しています。当時はハスもあり水もよどみがちでしたが、堀の改修工事は行われていませんでした。その後、景観上や衛生面などから堀の改修工事が行われ、堆積していた泥等が除去され、現在のようなきれいな堀になったのです。しかし工事の後、オニバスの姿は全く見られなくなりました。八代からオニバスの自生地がなくなったのです。改修前にオニバスの希少性が理解され、種子の保存ができていたらと思われます。今に至ってはどうしようもありません。葉の表裏の鋭いとげ、葉の表面の独特のしわ、水中に閉鎖花を沢山つけ、自家受粉によって種子をつくり、水中の泥の中で、翌年の発芽や数年後に発芽できる種子をつくり、水面に独特の風景をつくりあげてきていたのです。県内では現在2箇所生育地が確認されています。急速に進む河川工事や、池の埋め立てなどで失われていく希少な植物の1つです。保護をしっかり考えたいですね。 
管理記号
16 
資料種別
写真 
その他関連ページ
「八代の植物」一覧画面へ