みやこ町歴史民俗博物館/WEB博物館「みやこ町遺産」

呰見大塚古墳発掘調査写真
目録データ 静止画(写真・絵等)
識別番号
0000-0000-0000-0000-0000-0000-0011 
資料所蔵機関の名称
九州歴史資料館
タイトル
> 呰見大塚古墳 発掘調査成果写真  
タイトル読み
あざみおおつかこふん はっくつちょうさせいかしゃしん 
撮影、作画年(和暦)
平成21年:発掘調査年次 
撮影、作画年(西暦)
2009 
数量
写真15枚・図版1点 
テキストの言語
日本語 
内容年代始(和暦)
古墳:6世紀後半 
解題・説明
呰見大塚古墳は、平成21(2009)年に行われた発掘調査によって、京築地域で唯一となる「彩色壁画」による装飾古墳であることが判明しました。同古墳の石室内にはベンガラを用いて〇や△文様が描かれており、筑後川流域や肥後地域にみられる、彩色装飾と共通する文化的背景をうかがわせています。
古墳は現在保存のため埋め戻されているため内部の見学はできませんが、調査時のデータや出土遺物により、祓川中流域屈指の首長層だったとみられる被葬者とその周辺域の様相を偲ぶことが可能です。 
原本の所在
九州歴史資料館(福岡県小郡市三沢) 
その他関連ページ
平面図 
資料種別
写真 
文化財情報
写真等:有形文化財(考古資料[調査記録])/古墳:記念物(史跡。指定年月日:令和元年9月13日。所在地:福岡県みやこ町呰見927-2)