みやこ町歴史民俗博物館/WEB博物館「みやこ遺産」

みやこの「もの(記録と造形)」
目録データ 立体資料
識別番号
0010-0000-0000-0000-0000-0000-0011 
資料所蔵機関の名称
みやこ町歴史民俗博物館  
タイトル
> 木造僧形八幡神坐像  
タイトル読み
もくぞうそうぎょうはちまんしんざぞう 
製作年(和暦)
室町時代[応永元年] 
製作年(西暦)
1394 
数量
1体 
解題・説明
福岡県指定有形文化財(彫刻)・昭和36(1961)年10月指定。 この僧形八幡神坐像は、生立八幡宮のご神体として応永元年(1394)に地頭・西郷高頼の寄進によって造られました。頭と体を榧の木から彫り出した一木造りですが、膝や手首、胸は別の木材から作られています。 胸の部分をとりはずすと銘文が刻まれていて、それによると、この像は、養老7年(723)に豊前国司・宇奴首男人の奉納したご神体が破損したため、応永元年(1394)に新しく造りなおしたものであると記されています。 この像の特色は神の形を映したものと言いながら、その形が袈裟をまとった僧侶姿であることです。八幡神は日本の神の中でもっとも早く仏教に帰依し、その名を八幡大菩薩と名乗ったほど仏教に親しんだといわれます。凛とした姿は仏とはいいながら神としての威厳が十分に表わされていて、この像はまさに神仏習合の理念を形にした傑作といえます。 
原本の所在
所蔵者:生立八幡宮(みやこ町犀川生立) 
資料種別
仏像