福岡県立図書館/デジタルライブラリ

絵図・書冊等
目録データ 古典籍
識別番号
0010-0010-0030-0000-0000-0000-0020 
資料所蔵機関の名称
福岡県立図書館
資料群1
> 近世以前のふくおか
資料群2
> 書冊ほか
書名
> 下問雑戴  
UniversalViewer Mirador IIIF
書名ヨミ
かもんざっさい 
編著者等
安部龍平(蘭圃)編 
出版年・書写年(和暦)
文政11年 
出版年・書写年(西暦)
1828 
数量
50丁 
特殊な装丁/合冊
和本(写本) 
寸法(縦)
26.5cm 
寸法(横)
18.5cm 
その他の注記
序に「安倍龍士魚夫 謹識」とあり。本文冒頭に「安倍龍士魚夫 編録」とあり。 
テキストの言語
日本語 
テキストの言語コード
jpn 
解題・説明
本書は、文政11(1828)年3月に長崎を訪れた福岡藩第10代藩主・黒田斉清(くろだなりきよ)と当時出島オランダ商館附属医だったシーボルトの問答に、随行した安部龍平(あべりゅうへい)が自らの意見を加え編集したものです。
編者の安部龍平は、青木興勝(あおきおきかつ)に蘭学を学び、その後志筑忠雄(しづきただお)に師事し、福岡藩の長崎詰方をつとめ、後に藩主の蘭学顧問となった人物です。
問答の内容は博物学に関するもので、斉清はシーボルトに対し動植物に関する自論を展開し、意見を求めています。また、この会見の際、斉清はシーボルトに自らの著書『物産説』と、モミジの押し葉約100種を贈っており、これらは現在オランダのライデンにある国立民族学博物館、国立腊葉(せきよう)館にそれぞれ所蔵されています。

※参考文献:『九州の蘭学-越境と交流-』 W・ミヒャエル・鳥井裕美子・川嶌眞人 共著 思文閣出版 発行 
原本の所在
福岡県立図書館 
資料番号
福岡県史編さん資料 43 
資料種別
古文書 
権利関係
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。