今治市立図書館/国府叢書・文化財絵はがき(絵馬・絵巻物・屏風)

今治市の文化財絵はがき(屏風)
目録データ 静止画(写真・絵等)
識別番号
0004-0000-0000-0000-0000-0000-0001 
資料所蔵機関の名称
今治市立中央図書館
資料群3
> 今治の文化財 (4)屏風
タイトル
> 源氏物語図屏風  
タイトル読み
ゲンジモノガタリズビョウブ 
作成者等
今治市教育委員会 
出版者、製作者等
今治市教育委員会 
撮影、作画年(和暦)
不明 
数量
1枚 
形状
はがき 
大きさ(縦)
11cm 
大きさ(横)
15cm 
テキストの言語
日本語 
関係する地名
今治市 
関係する人物名・組織・団体名
今治市河野美術館 
解題・説明
今治市指定有形文化財(平成五年三月三日指定) 室町時代 1双 (右隻)須磨 伝土佐光信筆 179.2×379.9cm(左隻)浮舟 伝土佐光信筆 179.4×380.1cm 【解説】右隻には光源氏を中心とする〈須磨〉および〈明石〉巻からなる場面、左隻には匂宮を中心とする〈浮舟〉巻の場面が描かれている。華麗な装いの女性たちを描かない場面選択は源氏物語の絵画作品としては珍しいものであり、人物描写より情景描写を主とする構図も、山水画などの表現を念頭に置いたものであろうと考えられる。なお、「源氏物語図屏風」は通称で、今治市指定文化財としての登録名称は「紙本著色人物図六曲屏風(しほんちゃくしょくじんぶつずろっきょくびょうぶ)」である。 【土佐光信について】(とさみつのぶ)室町時代の画家。生没年は不詳。文明一(1469)年に宮廷の絵所預となり、また、室町幕府では絵師職に就き、土佐派を確立。 参考文献:『日本美術史事典 石田尚豊ほか監修 平凡社 1987年』 【解説協力】今治市河野美術館:愛媛県今治市旭町1-4-8 
原本の所在
今治市立中央図書館 
資料番号
011557485 
管理記号
K709/イマ 
資料種別
絵はがき