津山郷土博物館 「江戸一目図屏風」等

「江戸一目図屏風」等

目録データ

識別記号
0010-0000-0000-0000-0000-0000-0140 
所蔵機関(コレクション)
津山郷土博物館  
文書(アイテム)
> 江戸一目図屏風  
差出・作成者
鍬形蕙斎画 
作成年代開始
文化6年 
作成年代開始(西暦)
1809 
寸法(縦)
176cm 
寸法(横)
353cm 
解説・説明
この作品は、津山藩松平家の御用絵師・鍬形蕙斎が文化6年(1809)に江戸の全貌を一目で見えるように工夫して描いた鳥瞰図である。六曲一隻の屏風に仕立てられ、250箇所以上の名所・旧跡や諸大名の藩邸などのほかに、江戸の街で暮らす庶民の姿も細かく描かれている。洛中洛外図などのそれまでの鳥瞰図とは異なり、雲を用いずに西洋画の様式を取り入れた一点透視図法が採用されている。 
原本の所在・史料群
津山郷土博物館 
撮影画像