宝塚市/たからづかデジタルミュージアム

近世絵図
目録データ 古文書類
識別番号
0010-0010-0000-0000-0000-0000-0130 
資料所蔵機関の名称
山本共有財産管理組合
文書名
> 山本村絵図  
文書名読み
やまもとむらえず 
差出・作成者等
摂津国武庫郡山本村 丸橋村 口谷村 大野新田 
差出・作成者等読み
せっつこくむこぐんやまもとむら まるはしむら くちたにむら おおのしんでん 
差出・作成者等(ローマ字)
御領御取締尼崎御役所 
宛所
ごりょうおんとりしまりあまがさきおんやくしょ 
作成年代始(和暦)
慶応4年4月18日 
作成年代始(西暦)
18680418 
数量
1枚 
形状
絵図 
寸法(縦)
55.5cm 
寸法(横)
81.5cm 
テキストの言語
日本語 
テキストの言語コード
jpn 
関係する地名
宝塚市山本 
関係する地名読み
たからづかしやまもと 
解題・説明
山本村・丸橋村・口谷村・大野新田村が尼崎藩土砂留奉行へ提出した村絵図の控えである。丸橋・口谷・大野新田はもともと山本村の一部であったが、江戸中期ごろに山本村からそれぞれ独立した。この絵図は土砂留作業を担当する村落の位置関係を示したものと考えられる。絵図の上のほうには長尾山が配置されている。長尾山のふもとの東西に引かれた朱線は巡礼道(巡礼街道)である。西国23番札所の勝尾寺から24番札所の中山寺を経て25番札所播州清水寺に至る道筋は巡礼街道と呼ばれ、西国三十三所観音霊場巡りに利用された(『宝塚市大事典』)。墨色で彩色された箇所は集落の立地を表しており、この墨色の部分には家屋が描かれている。また、集落の周辺には田畑が広がっており、最明寺川や溜池からの水を取り入れていたことがわかる。南東部に緑青色で表現された草野とは、昆陽野芝地を示している。芝地で刈り取られた草は田畑の肥料や燃料として利用されていた。 
原本の所在・史料群
宝塚市立中央図書館 
資料番号
7-53-15 
管理記号
19 
資料種別
歴史的公文書