宝塚市/たからづかデジタルミュージアム

近世絵図
目録データ 古文書類
識別番号
0010-0010-0000-0000-0000-0000-0100 
資料所蔵機関の名称
山本共有財産管理組合
文書名
> 久代村と山本村四カ村野論裁許絵図  
文書名読み
くしろむらとやまもとむらよんかそんやろんさいきょえず 
作成年代始(和暦)
寛文13年4月6日 
作成年代始(西暦)
16730406 
数量
1枚 
形状
絵図 
寸法(縦)
177.0㎝ 
寸法(横)
128.0㎝ 
その他の注記
裏書あり 
テキストの言語
日本語 
テキストの言語コード
jpn 
関係する地名
宝塚市山本 
関係する地名読み
たからづかしやまもと 
解題・説明
寛文13年(1672)、久代村(現在の川西市)と山本村が猪名野芝地の利用をめぐり争論が起こった。両者では決着がつかなかったため、京都町奉行所に提訴した。本図はその裁判結果が図で示されたものである。絵図上で墨線が引かれた場所より東側は久代村、西側は山本四カ村の芝地とすることが決まった。こうした裁判結果を示した図を裁許絵図という。墨線の付近には印が押されている。絵図の裏書には争論が起こった経緯や裁判結果を文字で記されている。これは公的機関が両者の間に入って作成されたものであり、裁判の結果が今後他者によって変更されることがないよう、防止する役割を果たした。また、争論が起こった村双方は同一の内容の絵図を作成し、それぞれが厳重に保管することで、裁判の再発を防いだ。 
原本の所在・史料群
宝塚市立中央図書館 
資料番号
7-53-11 
管理記号
15