宝塚市/たからづかデジタルミュージアム

近世絵図
目録データ 古文書類
識別番号
0010-0010-0000-0000-0000-0000-0050 
資料所蔵機関の名称
宝塚市立中央図書館
史料群
> 中野家文書
文書名
> 武庫川堤普請願絵図  
文書名読み
むこがわつつみふしんねがいえず 
作成年代始(和暦)
江戸後期 
数量
1枚 
形状
絵図 
寸法(縦)
109.0㎝ 
寸法(横)
133.2㎝ 
テキストの言語
日本語 
テキストの言語コード
jpn 
主題
防災 
主題読み
ぼうさい 
解題・説明
武庫川の河川沿いに堤防設置工事を願い出た際の絵図である。墨線は既存の堤防の位置を示しており、茶腺で引かれた部分が今回堤防の設置要請をした箇所にあたる。武庫川左岸の要請箇所に関しては、見佐村が設置した堤防(桃色)よりやや北側堤防は河川の氾濫を防ぐ役割があるが、河川沿いに二本の堤防を設けることで広域にわたる被害を抑えようとしたと考えられる。絵図は西南西を上に描かれており、伊孑志村よりやや河川側にある箇所には、「自普請」と村落自らが河川改修工事を行った箇所が記されている。武庫川の左岸にある神社は川面神社、右岸の氏神は伊和志津神社である。 
管理上の経緯
平成27年12月1日中野氏寄贈。 
原本の所在・史料群
宝塚市立中央図書館 
資料番号
4-20-200 
管理記号
資料種別
歴史的公文書