立命館 史資料センター/西園寺公望関係資料デジタルアーカイブ

西園寺公望関係資料
目録データ 静止画(写真・絵等)
識別番号
0000-0010-0000-0000-0000-0000-0199 
資料所蔵機関の名称
立命館 史資料センター
タイトル
> 写真(和装の西園寺公望)  
数量
大きさ(縦)
56.0cm(内寸55.6cm) 
大きさ(横)
41.5cm(内寸41.2cm) 
大きさ(高さ数値)
0.6cm 
テキストの言語
日本語 
テキストの言語コード
jpn 
解題・説明
長崎遊学中に撮影したと思われる一葉の写真は、当時の西園寺の境遇を写し出していると見ることができる。頭だけは今さらどうかくすこともできない公家のまげであり、月代(さかやき)をしていない。しかし長刀をつき、袖を二の腕までまき上げ、袴の裾もたくし上げ、高下駄をはいた姿は、どう見ても若侍を気取った姿だ。そこに若き西園寺の公家脱出の願望を見てよいであろう。長崎遊学中のこの一枚の写真は、自由な西洋に対するあこがれとともに、古格と先例にしばられた宮中や公家の世界にたいする嫌悪を感じさせるものがあったといってよいだろう。 
原本の所在
立命館 史資料センター 
資料番号
70199 
出版物・関連資料
西園寺公望伝編纂委員会編『西園寺公望伝』(1巻 岩波書店 1990)p188-p189 
資料種別
写真