伊賀市/デジタルミュージアム 秘蔵の国 伊賀

伊賀流忍者
目録データ 古文書類
識別番号
0010-0010-0000-0000-0000-0000-0030 
資料所蔵機関の名称
伊賀流忍者博物館
史料群
> 忍者関係資料
文書名
> 忍秘伝  
文書名読み
シノビヒデン/ニンピデン 
文書名(ローマ字)
Shinobihiden/Ninpiden 
差出・作成者等
服部半蔵保長伝 服部美濃辺三郎承伝 加藤作左衛門写 
差出・作成者等読み
ハットリハンゾウヤスナガ/ハットリミノベサブロウ/カトウサクザエモン 
作成年代始(和暦)
江戸期 
数量
1冊 
形状
冊子本 
寸法(縦)
23.3cm 
寸法(横)
16.0cm 
テキストの言語
日本語 
テキストの言語コード
jpn 
関係する地名
千賀地城跡/敢國神社 
関係する人物名・組織・団体名
服部半蔵保長/服部半蔵正成 
関係する人物名・組織・団体名読み
ハットリハンゾウヤスナガ/ハットリハンゾウマサナリ 
解題・説明
三大忍書の一つ。服部半蔵保長家の書と伝わるため、伊賀流の忍書に分類される。四巻で構成されており、「伊賀甲賀伝記」「忍道具秘法」「忍秘伝之道具」「忍出立秘伝之事」等々の項目を挙げ、伊賀や甲賀の忍びの起源や、各種道具の図とともに製作・使用方法、忍び入りの心得等を解説している。また本書は江戸町奉行で有名な大岡越前守家の蔵書とされ、「大岡氏珍蔵」の蔵書印が目録部にみえる。 
解題・説明(英語)
The Shinobihiden is a ninja manuscript on ninjutsu concerning the historical origin of the Iga and Koka clans. Clear explanations of ninja tools, with easy-to-understand illustrations, and ninja’s necessary know-how for for infiltration, etc. are also outlined.It is regarded as one of the three major ninjutsu documents, along with the Bansenshukai and the Shoninki. According to this same postscript, Shinobihiden is said to have been passed down from Hattori Hanzo Yasunaga to his son, Hanzo Masanari. It is well known that Hattori Hanzo, whose family originated from Iga, had honorably served under that Tokugawa Shogunate. However, it is now thought that later generations had only borrowed the name Hanzo, as he was renowned for his ninjutsu skill at the time. 
その他関連ページ
関連画像:大鋸結梯鉄ひし千賀地氏城跡 
出版物・関連資料
「完本 忍秘伝」