浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ

史資料
目録データ 古文書類
識別番号
0030-0040-0000-0000-0000-0000-0490 
資料所蔵機関の名称
浜松市立中央図書館
史料群
>絵はがき箱
文書名
> 浜松市を中心とせる名所史蹟交通鳥瞰図  
文書名読み
はままつしをちゅうしんとせるめいしょしせきこうつうちょうかんず 
作成年代始(和暦)
昭和5年 
作成年代始(西暦)
1930 
数量
形状
折本 
寸法(縦)
20cm 
寸法(横)
99cm 
テキストの言語
日本語 
主題
明治以降の資料 
主題読み
めいじいこうのしりょう 
関係する人物名・組織・団体名
浜松市、吉田初三郎 
解題・説明
この鳥瞰図は昭和5年の昭和天皇浜松行幸に際して作られたものである。複雑極まりない浜松の市街地も主な建物や工場、学校などを精密に描き、鉄道線はそのすべてが、浜名湖もきれいに描かれている。郊外は標高の高い奥山半僧坊、秋葉山、光明山など、天竜川も天竜峡から河口までを記している。原画は空襲で焼失したものと思われる。 
原本の所在・史料群
浜松市立中央図書館 
画像メタデータ
資料種別詳細
明治以降の資料