石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第二編
目録データ 古典籍
識別番号
0010-0030-0100-0010-0000-0000-0046 
資料所蔵機関の名称
石川県立図書館
資料群1
>森田文庫
資料群2
>書籍の部
資料群3
> 叢書
資料群4
>家宝珍書(帙)
書名
> 葛巻昌興自記抜粋  
書名ヨミ
カズラマキマサオキジキバッスイ 
別書名
葛巻権佐自記抜粋∥内題 
別書名読み
カズラマキゴンザジキバッスイ 
書名に関する注記
上・下 
編著者等
葛巻昌興∥著 〔大野木克成〕∥編 
出版者・書写者等
前田直躬∥手写 
出版年・書写年(和暦)
明和5年9月 
出版年・書写年(西暦)
1768 
数量
2冊 
寸法(縦)
24cm 
形態に関する注記
帙裏に「禁他出柿園舎蔵書四冊,夜話上下二冊,吾旧藩執政今枝氏四世内記直方著述親筆本而実珍書也,蓋今枝氏者世々家禄一万四千石,旧藩中之大家也,廃藩之際此書散逸乎,予得之,為家蔵之珍書,葛巻昌興自記抜粋上下二冊(奥書と同様にて略す),右両書家蔵珍書之随一也,尤禁他出子孫永々可伝之者也,明治廿年八月,森田平次識」とあり。帙に「秘書」「古写本」の押紙あり。 
内容年代始(和暦)
延宝5年正月(1673)~元禄5年(1692) 
解題・説明
上巻題簽に「全部二冊古写原本」と朱書あり。葛巻昌興は,前田綱紀の近侍(850石)で,元禄6年綱紀の馬廻頭半田惣兵衛への処置の過酷さを諫めて知行召放,能登へ配流,赦免後も帰らず宝永2年配所で没した(50才)人物。本書は延宝5年正月~元禄5年前田綱紀の奥小姓勤務中の日記より要文を摘出し,評注を加えたもの。上巻内扉に「明和五年自大野木克成借写之,自四月至九月写之」とあり。末尾に1丁を付し,「右葛巻昌興自記抜粋上下二冊古写本,蓋執政大夫土佐守前田直躬自筆之真本也,実我家之珍書,可自愛々々,此書本明治五年正月従県庁 
資料番号
2(2) 
管理記号
K208-26 
資料種別
古典籍 
既刊目録名
森田文庫目録