射水市新湊博物館/高樹文庫「石黒信由関係資料」

石黒信由関係資料
目録データ 静止画(写真・絵等)
識別番号
0010-0010-0000-0000-0000-0000-6070 
資料所蔵機関の名称
射水市新湊博物館
資料群1
> 高樹文庫「石黒信由関係資料」
タイトル
>[清図]「能美郡埴田村清作組和気村内検地領絵図」文化九年三月  
タイトル読み
ノミグンハネダムラセイサクグミワケムラナイケンチリョウエズ 
作成者等
(石黒信由) 
撮影、作画年(和暦)
文化九年三月 
撮影、作画年(西暦)
1812 
数量
1鋪 
形状
折仕立装 
大きさ(縦)
121.0cm 
大きさ(横)
211.0cm 
解題・説明
加賀藩は文化8~9年(1811~12)に村の再建と年貢の増徴を図り、能美・石川郡25か村の内検地を行いました。能美丘陵北西部、鍋谷川北岸に位置する和気村の村高は574石、打立高は780石余で206石余が打ち出されました。測量は石黒信由と門人の新川郡舟川新村辰右衛門・羽咋郡白瀬村庄九郎が行い、154か所に分けて縄(朱)を張り面積を求めました。測量・下絵図の作製に2日半、縄張りに4日半、打立に4日を要しました。縮尺百間5寸(1/1,260) 着彩。国指定重要文化財 
原本の所在
射水市新湊博物館 
資料番号
三(一)C148