射水市新湊博物館/高樹文庫「石黒信由関係資料」

石黒信由関係資料
目録データ 静止画(写真・絵等)
識別番号
0010-0010-0000-0000-0000-0000-4350 
資料所蔵機関の名称
射水市新湊博物館
資料群1
> 高樹文庫「石黒信由関係資料」
タイトル
>[清図]「射水郡氷見庄潟絵図」天保十一年六月  
タイトル読み
イミズグンヒミノショウカタエズ 
撮影、作画年(和暦)
天保十一年六月 
撮影、作画年(西暦)
1840 
数量
1鋪 
形状
折仕立装 
大きさ(縦)
59.5cm 
大きさ(横)
137.5cm 
解題・説明
享和元年(1801)氷見庄潟絵図(BⅡ110)にはない十二町村字島崎の汐留水門が描かれ、その上流域で新田開発が進みました。土居(堤防、黄色)、水門、舟入のほか潟廻りの新開地が時期別、村別に色分けされており、この十二町村、海津・川尻村、園村の新開絵図が現存しています(BⅡ111・113・122)。本図を描いたのは筆跡から石黒信由の孫信之ではなく、信由門人の殿村津幡江村喜兵衛と推測されます。窪村に引かれた朱の破線は、天保9年(1838)潟水を海に排出する新堀川の掘削を願い出たところです。縮尺百間3寸(1/2,100) 国指定重要文化財 
原本の所在
射水市新湊博物館 
資料番号
三(一)BⅡ104