高岡市雲龍山勝興寺/文化財デジタルアーカイブ

文書
目録データ 古文書類
識別番号
0000-0030-0000-0000-0000-0000-0027 
資料所蔵機関の名称
勝興寺
史料群
> 文書
副史料群
> No.〇〇〇 県指定文化財
副分類名
> 二七
文書名
> 下間頼総〔廉〕奉書  
宛所
越中新川郡坊主衆惣中・同惣御門徒中 
作成年代始(和暦)
(天正一三年)八月一四日 
数量
1点 
寸法(縦)
29.0cm 
寸法(横)
46.0cm 
テキストの言語
日本語 
テキストの言語コード
jpn 
解題・説明
本願寺坊官の下間頼廉が、越中国新川郡の「坊主衆惣中」「惣御門徒中」に宛てた書状。 この度帰国する勝興寺住職の佐廉(顕幸)への支援を惜しまぬよう申し伝えている。豊臣秀吉の越中出陣は、越中の在地勢力にとってはかつてない巨大な外部勢力の侵入だった。越中側の立場を代弁するかのように、「関白殿御乱入」と表現している点は興味深いと言える。(高田克宏)【参考文献】特別展『秀吉 越中出陣-「佐々攻め」と富山城』富山市郷土博物館,平成22年(2010) 
原本の所在・史料群
勝興寺 
資料番号
県-〇二七 
資料種別
文書 
文化財情報
富山県指定文化財 
既刊目録名
「雲龍山勝興寺文書目録」(勝興寺文化財保存・活用事業団 2012)