高岡市雲龍山勝興寺/文化財デジタルアーカイブ

文書
目録データ 古文書類
識別番号
0000-0030-0000-0000-0000-0000-0012 
資料所蔵機関の名称
勝興寺
史料群
> 文書
副史料群
> No.〇〇〇 県指定文化財
副分類名
> 一二
文書名
> 武田信玄・同勝頼連署書状  
文書名読み
たけだしんげん どう かつよりれんしょしょじょう 
宛所
勝興寺 
作成年代始(和暦)
(元亀三年)一〇月朔日 
数量
1点 
寸法(縦)
11.1cm 
寸法(横)
46.3cm 
テキストの言語
日本語 
テキストの言語コード
jpn 
解題・説明
武田信玄(1521~73)とその子・勝頼(1546~82)が連署して、勝興寺第9代住職・顕栄(1509~84)に届けた書状である。本史料も上杉謙信への対抗を目的とした、信玄・越中間の交渉の一例である。 この年の8月、謙信は自ら越中に攻め込み、18日には富山の至近に陣を布き、その後富山に圧力を加え続けた。この間、勝興寺をはじめとする越中の反上杉方は、信玄が兵を北に進めて、謙信の本拠たる越後を衝くことを期待したと思われる。しかし、この頃信玄の関心は南を向いており、遠江・三河方面に進出して、徳川家康・織田信長と対決する気構えであった。このため、越中の救援に動くことはなかった。その言い訳のために書かれたのが、この書状である。 具体的な内容は、①遠江・三河作戦に時間を取られ、越後作戦は遅れてしまった。②ようやく時間ができたので行動を起こしたが、途中で病気に罹り、進むことができなくなった。③そうこうしているうちに謙信は本国に戻り、戦機は去ってしまったので、仕方なく陣を引いた、となっている。その上で、今は病気も平癒したので、改めて父子ともに出馬するつもりである、と述べている。②の「行動を起こした」というのが本当のことであるか、口先だけの言い逃れであるかははっきりしないが、信玄の死がこれよりわずか半年後であることからすれば、「病気に罹り、進むことができなくなった」というのは本当かもしれない。 本史料の最大の見どころは、差出書が信玄・勝頼の連署になっていることである。原本が現存しているものとしては、本史料が唯一の例である。原本は失われ内容の筆録のみが伝わる場合を含めても、他にもう一例が知られているに過ぎず(「武家事紀」巻33)、極めて珍しいものといえる。 信玄が勝頼との連署を選んだのは、上述のような信玄の健康状態と無関係ではなかろう。この書状を書いた直後、信玄は再び遠江・三河に向けて出陣しており、顕栄に対する言明とは裏腹に、ただちに越後作戦を再開するつもりはなかったものとみられる。越後作戦は、信玄の考えでは次期あるいは次々期の作戦であったのだろう。しかし、その頃には自分はもうこの世にはいない、少なくとも陣頭指揮はできない、そのような自覚もあったに違いない。自分が倒れても勝頼が責任を持って作戦を引き継ぐ、この点を顕栄に明示するために、勝頼にも連署させたのではないだろうか。(鴨川達夫) 
原本の所在・史料群
勝興寺 
資料番号
県-〇一二 
出版物・関連資料
「勝興寺宝物展 重要文化財勝興寺本堂落慶記念」(勝興寺ほか 2005)  
資料種別
文書 
文化財情報
富山県指定文化財 
既刊目録名
「雲龍山勝興寺文書目録」(勝興寺文化財保存・活用事業団 2012)