高岡市雲龍山勝興寺/文化財デジタルアーカイブ

絵画
目録データ 静止画(写真・絵等)
識別番号
0000-0010-0010-0030-0000-0000-0058 
資料所蔵機関の名称
勝興寺
資料群1
> 絵画
資料群2
> Ⅰ宗教部
資料群3
> 勝興寺歴代住職及び夫人肖像画
タイトル
> 広悟像(二十代本成室)  
タイトル読み
こうごぞう 
撮影、作画年(和暦)
慶応三年 
撮影、作画年(西暦)
1867 
数量
一幅 
形状
掛幅 
大きさ(縦)
96.2cm 
大きさ(横)
40.4cm 
形態に関する注記
絹本著色、掛幅装、二軸入桐箱、箱蓋表墨書「廣悟尼 廣喜尼 像」 
解題・説明
広悟(?~1867)は、勝興寺第20代住職・本成の室。『系図纂要』藤原氏二には、鷹司政煕(まさひろ)(1761~1840)の息女の一人が、「越中聖興寺(ママ)室 号蓮生院」となったことが記されている。寺伝では、この女性が入輿の際、「洛中洛外図屏風」(重要文化財)などの調度品をもたらしたとされている。 
原本の所在
勝興寺 
資料番号
三四三-三 
その他関連ページ
宝物作品解説 
出版物・関連資料
『勝興寺宝物展 重要文化財勝興寺本堂落慶記念』(勝興寺ほか 2005) 
資料種別
絵画 
既刊目録名
『雲龍山勝興寺絵画目録』(勝興寺文化財保存・活用事業団 2010)