高岡市雲龍山勝興寺/文化財デジタルアーカイブ

宝物
目録データ 静止画(写真・絵等)
識別番号
0000-0000-0010-0000-0000-0000-0360 
資料所蔵機関の名称
勝興寺
資料群1
> 絵画
タイトル
> 杉戸絵 一角獣(裏 狛犬か)  
タイトル読み
すぎどえいっかくじゅう 
撮影、作画年(和暦)
江戸時代後期 
数量
四面(二枚) 
形状
杉戸絵 
大きさ(縦)
各面 上段 縦68.0cm、下段 縦68.2cm 
大きさ(横)
各面 上段 横72.7cm、下段 横72.0cm 
形態に関する注記
板絵著色、帯桟付き(80.5+12.0+68.0cm) 
解題・説明
本坊とは、式台や大広間、書院、寺務所、台所などを含む広大な空間で、本堂から雁行するように続いている。それぞれの部屋には、襖絵や壁貼付の絵があり、部屋の名称にもなっている。金箔を貼った部屋は「金の間」、襖絵に松の大樹が描かれた部屋は「松の間」、草花や小鳥が描かれた部屋は「花鳥の間」と呼ばれる。 また、襖絵や壁貼付ほど大きなものではないが、通路の境に嵌められ、存在感のある杉戸絵も存する。御内仏と呼ばれる持仏堂の周辺に所在し、三面現存している。 その内の一面は、一角獣らしき動物を描いたものである。絵のうまさの点では、「唐獅子図一月に芦図」に及ばないし、時代的にも江戸時代後半と新しいが、画題としては、珍しい部類に入るだろう。 片面に、頭に一本の角を生やした動物が二頭描かれている。尻尾やたてがみの色は赤で形は馬のようである。背面には、長いあごひげをはやした動物が二頭描かれている。こちらにも頭上に一本の角がある。角のある狛犬かもしれないが、もともとは空想上の動物である麒麟であった可能性もある。京都・養源院には、俵屋宗達筆と伝える江戸時代初期の唐獅子、麒麟などの杉戸絵がある。勝興寺には、もともとは江戸時代初期に描かれた前出の「唐獅子図」と対になる板戸があって、それを江戸時代の終わりに補ったのかもしれない。その際、空想上の動物であるので、図像上の崩れが生じたものかもしれない。(引用:「重要文化財勝興寺本堂落慶記念 勝興寺宝物展」)  
原本の所在
勝興寺 
資料番号
『勝興寺宝物展』図録番号:36・37、『勝興寺絵画目録』整理番号:四七一 
その他関連ページ
宝物作品解説 
出版物・関連資料
『勝興寺宝物展 重要文化財勝興寺本堂落慶記念』(勝興寺ほか 2005) 
資料種別
絵画 
既刊目録名
『雲龍山勝興寺絵画目録』(勝興寺文化財保存・活用事業団 2010)