高岡市雲龍山勝興寺/文化財デジタルアーカイブ

宝物
目録データ 静止画(写真・絵等)
識別番号
0000-0000-0010-0000-0000-0000-0020 
資料所蔵機関の名称
勝興寺
資料群1
> 絵画
タイトル
> 日月図  
タイトル読み
じつげつず 
撮影、作画年(和暦)
桃山時代後期 
数量
六曲一双 
形状
屏風 
大きさ(縦)
二扇 縦149.9cm、四扇 縦149.9cm 
大きさ(横)
二扇 横44.5cm、四扇 横57.6cm 
形態に関する注記
紙本銀地著色 
解題・説明
本屏風は、現在は空気中の硫化水素によって黒ずんでいるが、元は銀箔地で、玲瓏な光を放っていたと考えられる。右隻には柴垣、桜、枝垂れ柳、わらびなど早春の花木が描かれている。左端には、かきつばたの植わった水の流れが描かれ、左隻へと続く。左隻には、右隻から続く水流、萩、紅葉、網代垣、松が描かれ、松の緑の上には雪が描かれていたようである。つまり、四季が移りゆく様子が右から左へと描かれているのである。 四季の景物を配した四季絵は、平安時代以来の伝統を引くものであるが、勝興寺本には、さらに右隻の雲間に金の日輪、左隻に銀の三日月が置かれている。日月を描くことは、宗教的な儀礼に起源を持ち、単なる装飾に留まらない意味を持っている。勝興寺のような規模の寺院にふさわしい調度である。なお、本来の使用状態ではない直線状態の写真では、網代垣の屈曲が不自然に見えるが、おぜを適度に折り曲げれば安定した構図となる。(高田克宏)【参考文献】『浄土真宗と本願寺の名宝Ⅰ-受け継がれる美とこころ-』龍谷大学 龍谷ミュージアム,平成28年(2016) 
原本の所在
勝興寺 
資料番号
四六五 
その他関連ページ
「勝興寺宝物展 重要文化財勝興寺本堂落慶記念」 
出版物・関連資料
「勝興寺宝物展 重要文化財勝興寺本堂落慶記念」(勝興寺ほか 2005) 
資料種別
絵画 
文化財情報
富山県指定文化財 
既刊目録名
「雲龍山勝興寺絵画目録」(勝興寺文化財保存・活用事業団 2010)