柏崎市/高精細デジタルアーカイブ

柏崎市の文化財
目録データ 立体資料
識別番号
0010-0000-0000-0020-0000-0000-0640 
資料所蔵機関の名称
柏崎市高精細デジタルアーカイブ
資料群3
>歴史
タイトル
> 貞心尼の墓  
タイトル読み
ていしんに の はか 
数量
1基 
関係する人物名・組織・団体名
貞心尼 
解題・説明
良寛(りょうかん)(1758~1831)晩年の弟子・貞心尼(ていしんに)の墓。貞心は長岡藩士の娘として寛政10年(1798)に出生、23歳の時柏崎で仏門に入る。文政9年(1826)29歳の時良寛を知り、和歌を通じてこまやかな師弟の交誼(こうぎ)を続けた。遺稿に『もしほぐさ』『蓮(はちす)の露(つゆ)』『焼野の一草』がある(No.93参照)。洞雲寺(とううんじ)(曹洞宗)住職泰禅の得度(とくど)を受けたゆかりで、弟子の尼僧が同寺に葬った。その碑面に次のとおり辞世の歌が刻まれている。くるににてかえるに似たりおきつなみ立居は風の吹くにまかせて 
資料番号
132 
管理記号
132 
資料種別
史跡 
文化財情報
市指定文化財