柏崎市/高精細デジタルアーカイブ

柏崎市の文化財
目録データ 立体資料
識別番号
0010-0000-0000-0020-0000-0000-0600 
資料所蔵機関の名称
柏崎市高精細デジタルアーカイブ
資料群3
>歴史
タイトル
> 大泉寺仁王門  
タイトル読み
だいせんじ におうもん 
数量
1棟 
解題・説明
室町期の特徴を示す三間一戸八脚門で、寺伝によれば天正7年(1579)上杉景勝の建立といわれている。ほぼ等長の角柱12本の四周に桁をまわし、梁を渡した上に叉首(さす)を組む、斗栱(ときょう)は用いず主柱通りの虹梁(こうりょう)と楣(まぐさ)の絵様が僅かな装飾となっているが、薬研彫(やげんぼり)で鋭く古様である。内部左右には「稲刈り仁王」の伝説を持つ仁王阿吽両像(木像)が安置されている。平成19年中越沖地震で被災したが、修復された。なお、大泉寺(だいせんじ)(真言宗)は、山岳霊場の名刹である。 
資料番号
58 
管理記号
58 
資料種別
建造物 
文化財情報
市指定文化財