柏崎市/高精細デジタルアーカイブ

柏崎市の文化財
目録データ 静止画(写真・絵等)
識別番号
0010-0000-0000-0020-0000-0000-0010 
資料所蔵機関の名称
柏崎市高精細デジタルアーカイブ
資料群3
>歴史
タイトル
> 柏崎町古絵図  
タイトル読み
かしわざきまち こえず 
数量
1巻 
大きさ(縦)
62cm 
大きさ(横)
106cm 
解題・説明
柏崎町の大庄屋であった市川(いちかわ)九郎五郎(1800~1859)所蔵と記されている。寛政12年(1800)開発の市川新田(諏訪町3丁目)や広小路から大久保の荒町に架かる新橋も見えない。この荒町の御蔵所は寛保3年(1743)の村鑑に初めて記載されてくる。また同4年5月、高台に遷宮して祇園社となった天王社は、この絵図ではまだ浜側の低地にあってヨシ畑に囲まれている。そして、寛保2年(1742)に始まる大久保の柏崎陣屋が記載されていることから、この絵図はこの頃の成立と思われる。 
管理上の経緯
市指定文化財 
原本の所在
黒船館 
資料番号
119 
管理記号
119 
資料種別
近世文書