瑞穂町図書館/温故知新 ― 瑞穂町を旅する地域資料

瑞穂町と横田基地
目録データ 図書
識別番号
0010-0000-0000-0000-0000-0000-0060 
資料所蔵機関の名称
瑞穂町 Mizuho Town  
タイトル. 版. 巻次
> 瑞穂町と横田基地 The Town of Mizuho and the Yokota Air Base  
タイトル読み
ミズホマチトヨコタキチ 
責任表示
企画部秘書広報課渉外係 編集 Edited by: Planning Department secretary public relations section liaison officer 
出版者等
東京都西多摩郡瑞穂町 [発行] [Published by:] Mizuho Town, Nishitama-gun, Tokyo 
出版年月(和暦)
平成26年 
出版年月(西暦)
2014 
数量
65p 
大きさ(縦)
30cm 
テキストの言語
日本語 Japanese 
テキストの言語コード
jpn 
解題・説明
瑞穂町が町制を施行した昭和15年と同じ年に陸軍多摩飛行場として発足し、昭和20年9月に米軍に接収された横田基地。基地に起因する諸問題を抱える瑞穂町の現状を知ってもらうために発行された基地周辺対策事業の関係資料。瑞穂町・横田基地の概要、基地と住民生活、国の基地周辺対策、基地交付金と調整交付金についてとりまとめられている。 
解題・説明(英語)
Yokota Air Base, which was originally established as Tama Airfield of the Japanese Army in 1940, the same year as Mizuho Town underwent town organization, has been requisitioned in the United Sates Army in September 1945. This material was published to disclose the current uncomfortable state of Mizuho Town resulting from the base and what has been done to relieve the base-related problems. In this publication, overviews of Mizuho Town and Yokota Air Base, citizen’s living condition facing the base, efforts done by Japanese Government to compensate base-related problems and about grants/ adjusting subsidies are summarized. 
原本の所在
瑞穂町 Mizuho Town 
資料種別
図書 Book