町田市/町田デジタルミュージアム

歴史資料
目録データ 古文書類
識別番号
0020-0170-0000-0000-0000-0000-0060 
資料所蔵機関の名称
町田市立自由民権資料館(保管)
史料群
> 野津田町・河井家文書
文書名
>差出シ申相談究証文之事(当村分郷にて御知行所へ渡るにつき取り決め書上)  
文書名読み
さしだしもうすあいだんじきめしょうもんのこと(とうそんぶんごうにてごちぎょうしょへわたるにつきとりきめかきあげ) 
差出・作成者等
甚左衛門他137名 
作成年代始(和暦)
享保6年4月24日 
作成年代始(西暦)
1721 
形状
状 
寸法(縦)
31cm 
寸法(横)
268cm 
関係する地名
野津田 
関係する地名読み
のづた 
解題・説明
17世紀から18世紀初め、野津田村は一時的に旗本領となりますが、長い間幕府領でした。それが享保期になると、旗本の富田氏・山口氏・由比氏・高井氏の知行地となり、ひとつの村に複数の領主の知行地がある相給村となりました。村内の支配替えが行われる時、異なる領主の支配を受けても、できるだけ平等な役負担となるよう取り決めました。 
原本の所在・史料群
町田市立自由民権資料館 
その他関連ページ
PDF(縦書き)で解読文を読む PDF(縦書き)で読み下し文を読む