船橋市西図書館/船橋市デジタルミュージアム

西図書館
目録データ 静止画(写真・絵等)
識別番号
0010-0010-0000-0000-0000-0000-2300-0452 
資料所蔵機関の名称
船橋市西図書館
資料群1
>絵画
タイトル
>冨士三十六景
細目のタイトル
> 下総小金原  
タイトル読み
シモウサコガネハラ 
作成者等
広重(初代) 
出版者、製作者等
蔦屋吉蔵 
撮影、作画年(和暦)
安政5年 
撮影、作画年(西暦)
1858 
数量
1枚 
大きさ(縦)
37cm 
大きさ(横)
24cm 
テキストの言語
日本語 
テキストの言語コード
jpn 
関係する地名
東葛飾郡 
解題・説明
小金原は、現在の柏、松戸、鎌ケ谷、船橋、習志野等に広がっていた原野で、江戸幕府直轄の馬の放牧場であった。広大な原野に放し飼いの馬が群れ遊ぶ風景は江戸近郊では珍しいものなので、数々の紀行文に記され、絵にも描かれている。この画は、前面に馬を一頭大きく描き、野の広さを際立たせる構図となっている。しかし、小金原のどこを描いたものかは不詳である。富士三十六景は、広重存命中に完成していたので、改印(刊行許可印)は、全て安政5年4月になっている。出版は、没後の安政6年。小金の牧では、将軍による鹿狩りが享保10、11年と嘉永2年、寛政7年に行なわれている。 
原本の所在
船橋市西図書館 
資料番号
90200314 
管理記号
絵画314 
その他関連ページ
平成29年度船橋市図書館所蔵資料展 
資料種別
浮世絵(名所絵)・風景画 等