宮代町立図書館 宮代町デジタル郷土資料

宮代町の文化財

目録データ

識別記号
0000-0000-0000-0000-0000-0000-0039 
所蔵機関(コレクション)
個人蔵(宮代町郷土資料館寄託)  
史料群(フォンド)
> 戸田家文書  
文書(アイテム)
> 須賀村新田検地帳  
タイトル読み
スカムラシンデンケンチチョウ 
差出・作成者
江戸幕府 
作成年代開始
元和5年 
作成年代開始(西暦)
1619 
数量
1冊 
形状
文書 
寸法(縦)
33.8cm 
寸法(横)
24cm 
解説・説明
元和5年(1619)11月16日から計7日間、関東代官頭伊奈氏の家来によって百間領5000石検地の一環として行われた須賀村の検地の記録。書体や紙などから近世前期の写しであると推測される。写しのためか、土地の異動を記した加筆や、明らかな後筆・異筆も若干みられる。表題に「武州騎東郡…」とあるが、これは騎西・崎(埼)西に対する言葉で、その範囲は、埼玉郡のうち中世太田庄の庄域であると考えられている。宮代町指定文化財(戸田家文書)。 
原本の所在・史料群
宮代町郷土資料館 
撮影画像
 
言語
日本語