宮代町立図書館 宮代町デジタル郷土資料

宮代町の文化財

目録データ

識別記号
0000-0000-0000-0000-0000-0000-0028 
所蔵機関(コレクション)
宮代町郷土資料館  
史料群(フォンド)
> 島村家文書  
文書(アイテム)
> 多少庵俳檀志  
タイトル読み
タショウアンハイダンシ 
差出・作成者
柳風連(代表 賀島源之亟) 
作成年代開始
明治40年12月5日発行 
作成年代開始(西暦)
1907 
数量
1冊 
形状
古典籍 
寸法(縦)
13.3cm 
寸法(横)
19.0cm 
言語
日本語 
解説・説明
松尾芭蕉の流れをくむ俳諧結社「多少庵(たしょうあん)」の歴代庵主や俳人達を紹介する本。多少庵は鈴木秋瓜を初代とし江戸は深川を中心に活動していた結社で、当時は深川六庵の一つに称されていた。天保8年に第4代庵主となった島村鬼吉の手により深川から百間の地に活動拠点が移され、以降、埼玉東部地区を中心に多くの俳人が活動した。地域史において、重要な史料である。 
原本の所在・史料群
宮代町郷土資料館 
撮影画像
 
資料種別
古典籍 
資料種別詳細
版本