弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

史資料
目録データ 古文書類
識別番号
0000-0010-0010-0000-0000-0700-0000 
資料所蔵機関の名称
弘前図書館
史料群
> 津軽家文書
文書名
> 百五拾俵水帳  
文書名読み
ヒャクゴジッピョウ ミズチョウ 
文書名(ローマ字)
Hyakugojippyo mizucho 
作成年代始(和暦)
明治4年 
作成年代始(西暦)
1871 
数量
1冊(21丁) 
寸法(縦)
25cm 
寸法(横)
17cm 
その他の注記
写 
テキストの言語
日本語 
テキストの言語コード
jpn 
内容年代始(和暦)
明治4年 
解題・説明
維新政権は、明治2年(1869)6月、版籍奉還を許可し、それに続いて旧藩主である知藩事は現石高の10%を家禄とし、旧家臣団についての家禄の改革を命じている。弘前藩では藩士の家禄は上限でも400俵となり、大きく削減された。藩士層の困窮は深刻化、その対処のために明治3年(1870)10月に帰田法が採用された。これは、地主や有力商人から一定面積を残して田地を買い上げ、武士層に分配するもので、「余田買上」ともいわれる。帰農を奨励するものともされるが、小作人による耕作や弘前での居住も許されているので、必ずしも目的であったとは言えない。この、本水帳に、給人として名を連ねるのは6人で、分米として36石宛を複数の村と分給され、それぞれ作人付けがされている。なお、家禄一五〇俵を給されたのは上層の藩士で、1反5畝の宅地をもつことが許されている。明治4年(1871)3月の「俵子拾五俵以上士族卒給録調」(五所川原市楠美家文書87)では、士族卒2494人中、最上級は350俵で、本史料に規定された150俵を給された者は上位18人のうちに入り、4人のみが相当する。(浪川健治) 
解題・説明(英語)
- 
原本の所在・史料群
弘前図書館 
資料番号
通史3-073 
管理記号
TK280.3-118 
自治体史掲載
帰田法時の水帳 
資料種別
古文書