みやこ町歴史民俗博物館/WEB博物館「みやこ町遺産」

みやこの「こと(歴史・あゆみ)」

第五編 近世

第三章 江戸時代

第三節 農村社会の成立

三 その他の年貢

享保十二年(一七二七)に新たに設けられた雑税で、本田畠・新田畠の四ツ高一〇〇石につき一カ月あたり鶏卵二〇個、一個あたり銭二文に換算して、毎年六月と十二月に納められた。樋管(井樋)修繕のための費用に使うのが徴収の目的である。