みやこ町歴史民俗博物館/WEB博物館「みやこ遺産」

みやこの「こと(歴史・あゆみ)」

第四編 中世(鎌倉・室町・安土桃山時代)

第二章 鎌倉時代の豊前国

第四節 霜月騒動・岩門合戦と豊前武士

二 岩門合戦

霜月騒動の直後、少弐経資の弟三郎左衛門尉景資が、筑前国那珂郡の岩門(いわと)城(筑紫郡那珂川町)に挙兵して、惣領経資に攻められ滅亡した。
 『歴代鎮西志』は
  弘安八年乙酉、太宰豊前守盛氏[少弐舎弟、始名三郎左衛門景資]岩門城に居り、蒙古合戦の功を募り、篡嫡(さんちゃく)の意あり、兵を構え城を修す。都督府司、管内の武士を遣し、岩門を征す。城主死を致す。        (原文は漢文)
 と、少弐景資が元寇での功績を嵩(かさ)にきて惣領の座を奪おうとして挙兵し滅んだと説明している。
 このころ、全国的に惣領と庶子の対立が目立っているから、景資と惣領経資との対立があったことは十分考えられることである。しかし、安達泰盛の子二郎盛宗との関係で誅(ちゅう)されたという見方が近来提出された。
 『武藤系図』の景資伝に「城殿一所ニ岩門城に於て腹切」とあり、『筑紫系図』にも「岩門城に於て、惣領に対し反逆、城氏同じく討死」とあり、城盛宗が岩門城で、少弐景資と一緒に戦死したとなっている。
 安達盛宗は父泰盛の肥後守護代として下向し、蒙古合戦では、肥後国の御家人を指揮して活躍したありさまは、竹崎季長の『蒙古襲来絵詞』で有名である。二度の合戦で盛宗と景資は親しくなっていたらしい。
 景資が晩年に盛氏を称したのは安達泰盛の一字を頂戴(ちょうだい)したものと考えられる。権勢家泰盛に接近して、その権威を嵩にきて惣領をないがしろにするような言動が目立っていたのであろう。彼が尊敬する泰盛が失脚して、肥後守護代の座を失った盛宗が景資を頼って、博多郊外の岩門城へ逃げ込んだのをかくまって、兄経資の指揮する近国の兵に攻められ、安達盛宗と運命をともにしたものと考えられる。

経資の花押

 少弐景資は豊前守の受領名を称している。景資の父資能も豊前守を称した時期があった。父資能は蒙古合戦のころまで豊前守護であったから、景資は受領として、豊前国衙を掌握し、同時に守護代として豊前国で暮らしたことがあったのではなかろうか。

第2表 蒙古合戦と岩門合戦の勲功地(豊前国関係)
新恩地新地頭旧地頭出典
上毛郡原井村・阿久封村薩摩前司入道尊覚(宇都宮通房)比志島文書
安吉・吉久・久光三ケ所(宇佐郡カ(毛カ))江見民部六郎景忠兵庫次郎兵衛尉(高並経範カ)   〃
佐野次郎丸(宇佐郡)曽根崎淡路法橋慶増兵庫馬二郎兵衛入道(高並経範)   〃
東浜田地(下毛郡得永名)宇良金崎次郎入道々眼同上   〃
時紀名田中七郎入道善光同上   〃
阿弥陀寺大通新開相神浦次郎入道妙蓮同上   〃
神実扶院仏性田同上同上   〃
豊前国佐野次郎丸白石六郎左衛門尉通武兵庫三郎入道(高並能範カ)   〃
下毛郡全得名丹浪房良晴兵庫馬三郎能範宮成文書
佐田庄(宇佐郡)前薩摩守法師尊覚足立五郎左衛門尉遠氏佐田文書
青木別書符田戸数(下毛郡青・曽木別符カ)倉上弥藤次兵衛入道筧干入道正行(野中二郎入道正行カ)比志島文書
仲津郡下長江村5町余大河左近入道子息行長大川文書
田河郡金田村隠岐三郎左衛門入道行存(二階堂)太宰府関係史料10
筑前国小山田村薩摩前司入道尊覚金田六郎左衛門尉時通比志島文書
筑前国那珂東郷岩門十分一相神兵衛六郎家弘同上   〃
同上(以下9人)同上   〃
薩摩国鹿児島郡司職十分一野中左衛門三郎宗通法師   〃
肥前国神崎庄一分山田中内右衛門尉政盛太宰府関係史料10
同上小犬丸弥次郎入道祐西   〃
同上 2町9反等大和三郎兵衛太郎入道浄覚   〃
肥前国松浦庄内甘木村白石美野又次郎通継兵庫馬三郎能範比志島文書
同上 石垣村土々呂木又六家直同上   〃
同上 加々良島松浦次郎延兵庫馬二郎   〃
壱岐国瀬戸浦預所職薩摩太郎左衛門尉盛房   〃