みやこ町歴史民俗博物館/WEB博物館「みやこ町遺産」

みやこの「こと(歴史・あゆみ)」

第三編 古代(奈良・平安時代)

第三章 律令政治の展開と郷土-奈良・平安時代-

第三節 官道と駅制

二 京築地域の官道と駅制

大宰府―豊前国府道の多米駅から北方に進んで、刈田駅を経て西海道本道の到津駅に至る官道をここでは便宜的に多米―到津道と呼ぶ。多米駅の所在地は、京都郡とだけ記述されている。京都郡内の大宰府―豊前国府道から刈田駅に向かう分岐点の一つは、勝山町上久保集落北部条里の里界線交差部分が候補地として推定されている。この分岐点から北方に進むと、道は長峡川を渡って勝山町中黒田・苅田町鳥井原の丘陵部に入る。長尾付近で再び京都郡北部の条里に出て、北方に直進すると谷集落付近から八田山では丘陵の裾部になり、その先は高城山北西の標高約二四〇メートルの京都峠を越える。峠を下ると宇原神社付近で、ここから丘陵の東裾沿いに北進し、企救郡の曽根平野を北西に行くと到津駅に至る。
 このルートとは別に、大宰府―豊前国府道の天生田付近から北上するルートや豊前国府西部から北上し、行橋市街地西部から草野を抜けたのち、北北東に進路を変えて高城山西麓を通るルートも考えられている。このルート上の草野は古代草野津と呼ばれ、瀬戸内海を経て畿内へ至る海路の港となっていた。