みやこ町歴史民俗博物館/WEB博物館「みやこ遺産」

みやこの「ひと(先人の事績)」

寺田寅彦書簡

大正7年(1918)

t238_460    t238_460
画像の拡大
(画像は原文とテキストの並べ重ねができます)
[表]
消印4日午前9時-10時
赤坂区青山南町六ノ一〇八
 小宮豊隆様
    本郷区曙町十三
     寺田寅彦


[裏]
松根君の事で先日も御端書でしたが困つたと思ふだけで別によい考もないので失礼して居ました、やつと原稿が届く筈だそうで安心しました。
原稿分類の順序につき別に異存はありませんが僕の心持ちだけを云ふと、漢詩と俳句を始めへやつて連句俳体詩を次へもつて来る、新体詩や英詩などを後へ廻し度いような気がする、つまり先生の最も本領らしいものを始めへやりたいといふのですが、しかし此れは自分だけの考へでしかも余り熟考した事でもないから主張はしませんが御参考迄に申上げます、
音楽会は僕は色〻差支があるので残念ながら失礼します、此間のモスコートリオも失敬しちやつた
          十月三日
               寅彦