みやこ町歴史民俗博物館/WEB博物館「みやこ遺産」

みやこの「ひと(先人の事績)」

寺田寅彦書簡

大正7年(1918)

t231_441    t231_441
画像の拡大
(画像は原文とテキストの並べ重ねができます)
[表]
消印18日午前9時-10時
青山南町六ノ一〇八
 小宮豊隆様
    本郷曙町十三
     寺田寅彦


[裏]
絵葉書の色彩を書きあらはす事はプリンチピエルには賛成ですがどうもうまく書けそうもない、変なものになるようです、寧ろ何とかアイデンチフヒケーシヨンが必要とならば極簡単に絵葉書(菜の花)とか(紅葉と人物)とか(藁屋根、柿、鴉)とか(裸体美人)とかいふような名詞だけに止めて置いた方が一番厭味がなくて安全らしく思はれます。何とも書かなくても別に不都合はないとは思ひますがなんだか書かぬも淋しいような気が―少くも絵葉書の持主には―するようです、なほ公平な意見を出し得る人の意見を徴して下さいませんか     七月十七日
         寅彦
時にいよ/\「青楓論」を書きましたよ、大風呂敷をひろげましたよ、御評判を願ひます、東西/\