みやこ町歴史民俗博物館/WEB博物館「みやこ遺産」

みやこの「ひと(先人の事績)」

寺田寅彦書簡

大正6年(1917)

t225_402    t225_402
画像の拡大
(画像は原文とテキストの並べ重ねができます)
[表]
消印23日午前11-時12時
青山南町六ノ一〇八
 小宮豊隆様
    本郷弥生町二
     寺田寅彦


[裏]
先夜は失礼致しました、俳句集難有拝見面白くなつかしく候、小生の知つて居るのは多く三一、三二両年のらしく其頃のがもっと沢山ありそうなのに存外少ないように思ひ候、厨川肇君の手許にでもありはしないでしようか」左に気のついた処を一二申上ます
四五頁最後の句「はづな」は「たづな」ではありませんか」、九〇頁三行目六号活字ノ「一霽」は「一句」の誤りか」一八一頁第一行はあれで宜しくや」二四一頁終りより三行目「寺」の字が横向き」三二四頁四行目「確」は「碓」の誤」三二六頁最後の句は何と読みますか」三七二頁第三行「月の見ゆ」は「ほ(ホ)の見ゆ」の誤」 右御礼と要事迄   草々
        寅彦