みやこ町歴史民俗博物館/WEB博物館「みやこ遺産」

みやこの「ひと(先人の事績)」

寺田寅彦書簡

大正6年(1917)

t215_386    t215_386
画像の拡大
(画像は原文とテキストの並べ重ねができます)
[表]
消印午後9時-10時
福岡県(?)京都(ミヤコ)郡犀川村
 小宮豊隆様
    七月二十五日夕
     京都に近〔づ〕きつゝ   城
かういふ時によせがきをして先生のとこへ出したらよいがもう出来ないなあといふて二人でたん息する、
そして君のとこへこれを出す


[裏]
相逢ふて話して見れば糸瓜(へちま)哉
偶然城君に逢ふて僕の気になつて居た問題の話をした 結果は三人出会ふた上で話しましよう   寅彦
寺田さんと偶然同車話をきゝました
先生の亡霊曰 〽枕は御手に入りやしたか  夢に見し金の枕ゆ明易き