みやこ町歴史民俗博物館/WEB博物館「みやこ遺産」

みやこの「ひと(先人の事績)」

寺田寅彦書簡

明治40年(1907)

t201_044    t201_044
画像の拡大
(画像は原文とテキストの並べ重ねができます)
[表]
消印20日午前9-10時
本郷区森川町一
柳瀬方
 小宮豊隆様
    小石川区原町十
     寺田寅彦


[裏]
先日は御端書を有り難う。先生も虞美人草の培養に御忙しくて当分面会謝絶の由。一切謝絶は大に振つて居る僕等に取つてはちつと困るがどうも仕方がない。先生の外出でも待ち受けて話でもするより外はない」僕も大に忙しいが幸に面会謝絶などと云ふ必要はない。つまり一日宅に居ないから誰れも尋ねて来る人がないのです、先生も何処か閑静の地へ旅行でもなさればよいと思ひます」廿三日から虞美人草が愈々見られる由大に楽しみにして待て居る。しかし挿画が例の俗悪な奴では面白くない。誰れか新派のを入れるように新聞へ請求し度いではありませんか
     六月十九日夜