みやこ町歴史民俗博物館/WEB博物館「みやこ遺産」

みやこの「ひと(先人の事績)」

寺田寅彦書簡

大正10年(1921)

721_001    721_002
画像の拡大
(画像は原文とテキストの並べ重ねができます)
[表]
消印月日時間不明
赤坂区青山南町
六ノ一〇八
 小宮豊隆様
     本郷曙町
     十三
       寺田寅彦


[裏]
御端書と新小説拝見、」 影と形は矢張面白う御坐いました あれは翻訳して、独逸人にも見せ度い気がする。唯君によつて発見された花道のオリヂン自身は余り日本人の自慢にはならないかも知れな〔い〕が。しかしかういふクリテイクが居る事を紹介したいと思つた。日本人は如何に世界一般の興味のある名論卓説をかいても日本文でかいたのでは結局日本だけに埋もれるのだから情ない。此れが科学の方だとマヅイ英語などでかいても内容だけ見て相手にしてくれ引用したりしてくれるのだが事が文学に関するとどうも少し工合が悪い、実に残念でたまらない。一般がローマ字でかく事になれば実際其中に日本文学の読み手はいくらでも外国に出てくるだらうにと思ひます。如何でしやう」 一つ大に奮発して君独逸語で「影と形」をかいて独逸人をへこましてくれないか。僕も「笑」や「錯覚」でも英語で〔書いて〕見たくなつた」 学校へ出た日から少し風邪をひいてしまつたが大した事はありません。どうもかう弱くなつては実際どうにも仕方がない。