みやこ町歴史民俗博物館/WEB博物館「みやこ遺産」

みやこの「ひと(先人の事績)」

寺田寅彦書簡

大正10年(1921)

682_001    682_002
画像の拡大
(画像は原文とテキストの並べ重ねができます)
[表]
消印18日午後10時-12時
赤坂区青山南町六ノ一〇八
 小宮豊隆様
     本郷曙町十三
       寺田寅彦


[裏]
今日は御来駕難有拝謝致候 例により何の御愛想もなくて手前味噌のみ盛り上げ失礼の段〻御海容を祈候」 御帰りの節雑誌二三種御頼みする積でつい失念 今度上る節に持参致しましやう。」 君が帰つてからしばらくして中庭が日影になつたのでしばらく絵をいじりました、あれにある芙蓉の葉が矢張り時刻に応じて向きを変へるといふ事を発見して驚いて居ます。逆に葉の向きから時刻を判断する事も出来る訳だと思ふ。去年はのうぜんの葉で同じ事を経験したのでした。去来が其角の鶯の句を難じたやうに、大家のかいた芙蓉でも難じる事が出来るかも知れません。」
    七月十九(ママ)日