みやこ町歴史民俗博物館/WEB博物館「みやこ遺産」

みやこの「ひと(先人の事績)」

寺田寅彦書簡

大正10年(1921)

673_001    673_002
画像の拡大
(画像は原文とテキストの並べ重ねができます)
[表]
消印21日午前(?)9時-10時
赤坂区青山南町
六ノ一〇八
 小宮豊隆様
     本郷曙町
     十三
       寺田寅彦


[裏]
先日は推参一日御邪魔をしました。」頻りに肝癪が起つて居たのですがおかげで少し楽になりました」鈴木君から遠足の案内が来ました、貴兄も御参加の由故行つて見度くもあるが、まだ遠足といふ訳にもいかないから残念ながら断つておきました。鈴木君近〻曙町へ越してくるさうです。」 田舎論を少しかきかけて見たが一向面白くないからどうしやうかと思つて居ます、「二つにわれて居る」一件に論及すれば面白くなるんだが、其代り少し工合のわるい処がある。エロセンコとでもいふ名前にすればいゝかも知れない。」 栄子さんの清浄な絵を見て帰つて来て近作を見ると醜怪の極である。べックリンの真似でもして「死の嶋」や「罪の谷」でも専問にかくと成効するかも知れないと思つて居ます。    六月廿日