みやこ町歴史民俗博物館/WEB博物館「みやこ遺産」

みやこの「ひと(先人の事績)」

寺田寅彦書簡

大正10年(1921)

649_001    649_002
画像の拡大
(画像は原文とテキストの並べ重ねができます)
[表]
消印午後10時-12時
赤坂区青山南町六ノ一〇八
 小宮豊隆様
     本郷曙町
     十三
      寺田寅彦


[裏]
御無沙汰しました、今度の風邪も妙に煮切らない、いやなたちのでありましたがどうやら一通りよくなつたらしいので、今朝エキスペリメントにセザンヌの絵を見に行きました。さう大騒ぎする気にもならないが近頃の展覧会絵に中毒した眼にはやつぱりいゝ気持でした。なんだか天下が太平になるやうな気のする事だけはたしかです。もし未だならば是非一見を御すゝめします、京橋近くの星製薬会社の楼上です」 電車の中で妙に気分が悪くなつて吐気があつたので心配しい/\無事に帰りました、此間中頭を労し過ぎて神経衰弱の為だかも知れません、胃の為でなければいゝと思ふが食慾のない点が少しいやです、大した事はありますまいから、其内御邪魔に出やうと思つて居ます。」 あすにも襲撃するかも知れません、」
    三月七日
セザンヌを見て来たら又少し絵がかき度くなりました、あゝいふ気持になつて見たくなりました。そしてあゝいふ顔のぢゞいになりたくなつて来た