みやこ町歴史民俗博物館/WEB博物館「みやこ遺産」

みやこの「ひと(先人の事績)」

寺田寅彦書簡

大正10年(1921)

646_001    646_002
画像の拡大
(画像は原文とテキストの並べ重ねができます)
[表]
消印午後9時-10時
赤坂区青山南町
六ノ一〇八
 小宮豊隆様
     本郷曙町
     十三
      寺田寅彦


[裏]
謹啓、其後しばらく御無沙汰をしましたが如何ですか、御病人はもう余程御宜しい事と拝察致します、君は大丈夫ですか、しばらく御端書を見ないが或は風でも引いたのではありませんか。一月の十一日に御尋ねして以来御目にかゝらないので大分久しいやうな気がして居る」 僕は此頃は朝起きるとから夜ねる迄計算をやつて居る。三つ位のテマをチヤンポンにやつて居ます。其問題は1. Ueber die Entstehung des Erdmagnetismus. 2. Ueber die Wirbelbewegungen der Atmosphäre, besonders in Bezug auf die aufeinanderfolgenden Ketten der Zyklonen im fernen Osten. 3. Ueber die Statistik der Vektorgrössen.」(1)は此れ迄地球や太陽が何故磁石であるかといふ理由が分らない、それを説明する一つの仮説です (2)は梅雨期に低気圧があとから/\追つかけて来る、あのやうな状態に該当する上層の空気の運動を数学的に取扱ふ方法。(3)は各地測候所の風の観測の材料を分析して下層の擾乱を除去し上層の模様を知る試みであります。」 なほ附録として二階から雲の方位と高度角を測つて地形の為に生ずる雲に関する色〻の事を考へて居る。箱根や天城(あまぎ)や鋸山(のこぎりやま)や大嶋の上に出来る雲がチヤンと分るから面白いものです。